esearch Activities

Research Activities > Team Research Projects > Studies in “In-betweeness” in Cross-cultural Communication

Research Funds Misuse and Research Misconduct Measures

Team Research ProjectsFY 2018

Studies in “In-betweeness” in Cross-cultural Communication

Research Category
Foundational

The Japanese word “sekinin” is translation of Western words such as “responsibility” and “Verantwortlichkeit.” The Japanese expression “sekinin o ou” (“take responsibility”) is posited in a context of passive assumption vis-a-vis an outside demand, and “sekinin ga aru” carries the impression of having assumed a moral responsibility. However, in English, the phrase “take responsibility” is premised on the notion of an actor actively assuming responsibility. This is just one example of cases where, while in Western languages an act that is understood as representing active effort on the part of the actor, in Japanese in many cases it is replaced in the Japanese expression by a passive response. There are countless examples, such as the way the use of passive expressions omitting the identity of the subject, which is common in Japanese government documents, is misinterpreted as shirking of responsibility to the point of causing diplomatic misunderstanding or the relationship of “omote” and “ura” is transformed in the translation into Western languages into “positive” and “negative.” Taking these kinds of specific examples as our point of departure, this project will examine the ramifications not only in terms of comparative linguistics and comparative culture, but the distortion of information through translation of cultural phenomena, the establishment of templates of cross-cultural communication, and aspects of the struggle for leadership.

Research Representative 稲賀 繁美 国際日本文化研究センター・教授
Team Researcher 榎本 渉 国際日本文化研究センター・准教授
Frederik CRYNS 国際日本文化研究センター・准教授
石川 肇 国際日本文化研究センター・助教
春藤 献一 総合研究大学院大学・大学院生
片岡 真伊 総合研究大学院大学・大学院生
古川 綾子 国際日本文化研究センター・助教
根川 幸男 国際日本文化研究センター・機関研究員
君島 彩子 総合研究大学院大学・大学院生
Cecile LALY 国際日本文化研究センター・外来研究員
杉田 智美 国際日本文化研究センター・事務補佐員
飯窪 秀樹 国際日本文化研究センター・客員准教授
鵜戸 聡 鹿児島大学法文学部人文学科・准教授
江口 久美 九州大学持続可能な社会のための決断科学センター・助教
大西 宏志 京都造形芸術大学・教授
岡本 光博 美術家
小川 さやか 立命館大学大学院先端総合学術研究科・准教授
隠岐 さや香 名古屋大学経済学部・教授
小倉 紀蔵 京都大学大学院人間・環境学研究科・教授
金子 務 大阪府立大学名誉教授
九里 文子 (宗)鹿嶋神社・神職
鞍田 崇 明治大学理工学部 ・准教授
近藤 高弘  美術作家
申 昌浩 京都精華大学人文学部 総合人文学科・教授
鈴木 洋仁 事業構想大学院大学・准教授
莊 千慧 大阪大学文学研究科・特任助教
滝澤 修身 長崎純心大学人文学部・教授
武内 恵美子  京都市立芸術大学日本伝統音楽研究センター・准教授
竹村 民郎 元大阪産業大学教授
多田 伊織 大阪府立大学・客員研究員
千葉 慶 明治大学・非常勤講師
Terenguto Aitoru 北海学園大学人文学部・教授
戸矢 理衣奈 東京大学大学院総合文化研究科・特任講師
中村 和恵 明治大学法学部・教授
長門 洋平 京都外国語大学・非常勤講師
西原 大輔 広島大学大学院教育学研究科・教授
二村 淳子 鹿児島大学教育センター・講師
朴 美貞 京都大学国際高等教育院・非常勤講師
橋本 順光 大阪大学大学院文学研究科・准教授
平松 秀樹 大阪大学外国語学部・非常勤講師
平芳 幸浩 京都工芸繊維大学美術工芸資料館・准教授
藤原 貞朗 茨城大学人文社会科学部・教授
Helena Čapková 早稲田大学国際学術院国際教養学部・非常勤講師
堀 まどか 大阪市立大学大学院文学研究科・准教授
松嶋 健 広島大学 大学院社会科学研究科・准教授
三原 芳秋 一橋大学大学院言語社会研究科・准教授
Larking, Matthew 同志社女子大学・非常勤講師
山本 麻友美 京都芸術センター・チーフプログラム・ディレクター
村中 由美子 白百合女子大学文学部・講師
林 久美子
森 洋久 東京大学総合研究博物館・准教授
今泉 宜子 明治神宮国際神道文化研究所・主任研究員
林 洋子 文化庁芸術文化課・芸術文化調査官
宮崎 康子 広島修道大学人文学部・准教授
Team Researcher Overseas Dennitza GABRAKOVA Victoria University of Wellington・Senior Lecturer
近藤 貴子 Leiden University・大学院生
Mitsuyo Delcourt-Itonaga 通訳・翻訳者