Faculty

Home > Faculty > ITŌ Shingo (Visiting Faculty (Domestic))

Visiting Faculty (Domestic)

ITŌ Shingo

ITŌ Shingo

  • Specialized Field(s)
    Japanese literature
  • Current Research Themes
    Study of the history of narrative literature, Study on acceptance of classical literature in modern times
  • Keywords for Research
    Narrative literature, fantasy, anthropomorphization, light novel
Education
  • 2001
    Ph.D. , Graduate School of Letters (Japanese Literature), Kokugauin University
Professional Experience
  • 2001
    Part time Teacher, Chuogakuin University
  • 2003
    Part time Teacher, Keisen University
  • 2005
    Part time Teacher, Kokushikan University
  • 2010
    Part time Teacher, Kokugakuin University
  • 2011
    Part time Teacher, Gakushuin Women’s College
  • 2017
    Visiting Associate Professor, International Research Center for Japanese Studies
  • 2017
    Part time Teacher, Saitama University
Degree(s)
  • 2008
    Ph.D., Saitama University
Achievements
Books
  • 『擬人化と異類合戦の文芸史』、三弥井書店、2017年8月
  • 『中世物語資料と近世社会』、三弥井書店、2017年2月
  • 『室町戦国期の公家社会と文事』、三弥井書店、2012年2月
  • 『室町戦国期の文芸とその展開』、三弥井書店、2010年2月
Co-authored Books
  • 花田富士夫・伊藤慎吾・柳沢昌紀編 『仮名草子集成』 第57巻、東京堂出版、2017年2月
  • 伊藤慎吾編 『妖怪・憑依・擬人化の文化史』、笠間書院、2016年2月
Articles
  • 「南方熊楠と『甲子夜話』」 『学習院女子大学紀要』 第20号、学習院女子大学、2018年3月
  • 「『天文雑説』の表現上の特色について-作者像の把握に向けて-」 『(渡邊大門編)戦国・織豊期の諸問題』、歴史と文化の研究所、2018年1月
  • 「横山重と南方熊楠―お伽草子資料をめぐって―」 『(小峯和明監修)日本文学の展望を拓く 5 資料学の現在』、笠間書院、2017年11月
  • 「虫合戦物の展開」 『軍記と語り物』 第53号、2017年3月