研究活動

研究活動 > 共同研究 > 差別から見た日本宗教史再考―社寺と王権に見られる聖と賎の論理

公的研究費の不正使用防止等に関する取組み

共同研究2018年度

差別から見た日本宗教史再考―社寺と王権に見られる聖と賎の論理

研究域
国際共同研究

 本共同研究は宗教学における聖賎論を、神道学や日本仏教学の社寺史および日本歴史学の被差別部落論を通した研究成果と突き合わせることで、宗教と公共性をめぐる議論として国際的な人文学研究に寄与することを目的とする。
 さらに日本の人文学において依然として分離した傾向にある社寺史という神道学や仏教学の議論と、被差別部落論を射程に置いた日本史の聖賎論、そして宗教概念の内部にとどまりがちな日本宗教史の関係を結びつける学際的な研究ともなる。それはアレントからハーバマス、そしてアガンベンへと展開された公共性をめぐる議論への日本宗教史の観点からの読み替えの野心的な試みとなり、民主主義再考や人権概念の再検討といった国際的な規模で問われる人文科学や社会科学の今日的な課題にひとつの回答をもたらす試みとなる。
(以下の研究組織は2018年4月1日時点のものです)

研究代表者 磯前 順一 国際日本文化研究センター・教授
共同研究員 石川 肇 国際日本文化研究センター・助教
鈴木 岩弓 東北大学教養教育院・総長特命教授/国際日本文化研究センター・客員教授
吉村 智博 大阪市立大学都市研究プラザ・特別研究員/国際日本文化研究センター・客員准教授
鍾 以江 東京大学東洋文化研究所・准教授/国際日本文化研究センター・客員准教授
ハサン・カマル・ハルブ 国際日本文化研究センター・外国人研究員
小田 龍哉 国際日本文化研究センター・機関研究員
佐藤 弘夫 東北大学大学院文学研究科・教授
小倉 慈司 国立歴史民俗博物館・准教授
鈴木 英生 毎日新聞学芸部・記者
川村 覚文 関東学院大学人間共生学部・専任講師
山本 昭宏 神戸市外国語大学総合文化コース(日本文化)・准教授
青野 正明 桃山学院大学国際教養学部・教授
茢田 真司 國學院大学法学部・教授
舩田 淳一 金城学院大学文学部・准教授
太田 恭治 花園大学・非常勤講師
浅居 明彦 部落解放同盟浪速支部・支部長
佐々田 悠 宮内庁正倉院事務所・保存課整理室員(内閣府技官)
寺戸 淳子 専修大学文学部・兼任講師
金沢 豊 龍谷大学文学部・実習助手
西宮 秀紀 愛知教育大学名誉教授
井上 智勝 埼玉大学大学院人文社会科学研究科・教授
舟橋 健太 龍谷大学南アジア研究センター・研究員
鶴見 晃 真宗大谷派(東本願寺)教学研究所・所員
河井 信吉 金光教国際センター・所長
上村 静 尚絅学院大学・教授
安部 智海 浄土真宗本願寺派総合研究所・研究助手
竹本 了悟 浄土真宗本願寺派総合研究所・研究員
守中 高明 早稲田大学法学学術院・教授
関口 寛 四国大学経営情報学部・准教授
岩谷 彩子 京都大学大学院人間・環境学研究科・准教授
久保田 浩 明治学院大学国際学部・教授
吉田 一彦 名古屋市立大学・教授
林 政佑 京都大学大学院法学研究科・大学院生
大村 一真 同志社大学・大学院生
戸城 三千代 法藏館・統括(編集長兼務)
和田 要 熊本学園大学・客員教授
大林 浩治 金光教教学研究所・所長
山田 忍良 東寺・教学部長
海外共同研究員 Tomoë Irene. M. Steineck チューリッヒ大学・客員研究員/チューリッヒ大学付属民族学博物館・特別調査員
Raji C. Steineck チューリッヒ大学東洋学科・主任教授
Ranjana Mukhopadhyaya Delhi University, Department of East Asian Studies・Associate Professor
Daniel Botsman Yale University・教授
酒井 直樹 コーネル大学・教授
和氣 直子 Michigan State University・准教授
尹 海東 漢陽大学校 比較歴史文化研究所・教授
呉 佩珍 国立政治大学台湾文学研究所・准教授
片岡 耕平 University of Zürich Asian-Orient-Institute・Research associate
Hitomi Tonomura University of Michigan・Professor
GALMICHE Florence Paris Diderot University・Associate Professor (maîtresse de conférence)