シンポジウム

     年一覧   全一覧

1992年6月2日 - 1992年6月3日    第1回 シンポジウム
テーマ: 1.「日本漢籍の中国への流入」 2.「近代中日文化交流の特徴」 3.「日本仏教の民族特色の成立」 4.「和歌の西伝と日本漢詩のフィード・バック」 5.「白氏文集の受容」 6.「最近の日中文化交流の動き」
主催: 中西 進 教授
 
1992年11月20日 - 1992年11月21日    第2回 シンポジウム
テーマ: 1.「『太陽』と博文館」 2.「『太陽』創刊をめぐって」
主催: 鈴木 貞美 助教授
 
1992年11月30日    第3回 シンポジウム
テーマ: 1.「民族から見た韓日古代文化の交流」 2.「韓国と日本の生活文化の比較」 3.「韓国のノンパリと日本のまつり」
主催: 芳賀 徹 助教授
 
1992年12月22日    第4回 シンポジウム
テーマ: 1.「触れ合うリズム-志賀直哉における自然と自己-」 2.「川端康成の自然・女・自己」
主催: 中西 進 教授
 
1994年2月2日    第5回 シンポジウム
テーマ: 「豊臣秀吉の死と葬儀」
主催: 山折哲雄 教授
 
1994年6月20日 - 1994年6月22日    第6回 シンポジウム
テーマ: 「ユーラシア人口・家族の比較社会史」
主催: 速水 融 教授
 
1994年6月28日 - 1994年6月29日    第7回 シンポジウム
テーマ: 「日文研の徳川研究」
主催: 芳賀 徹 教授 / 白幡 洋三郎 助教授 / 笠谷 和比古 助教授
 
1994年9月2日 - 1994年9月3日    第8回 シンポジウム
テーマ: 「第2回歴史社会学シンポジウム」
主催: 園田 英弘 教授
 
1994年9月28日 - 1994年9月29日    第9回 シンポジウム
テーマ: 「日本列島植生史」
主催: 安田 喜憲 教授
 
1995年3月16日 - 1995年3月19日    第10回 シンポジウム
テーマ: 1.「東アジアにおける中国文明の受容と変容」 2.「東アジアにおける官僚制とその文化的基盤」
主催: 村井 康彦 教授
 
1995年3月25日 - 1995年3月26日    第11回 シンポジウム
テーマ: 「歴史気候学のための高精度分解能の気候変動」
主催: 安田 喜憲 教授
 
1995年3月28日 - 1995年3月29日    第12回 シンポジウム
テーマ: 「近代日本の音楽と社会-明治の唱歌、大正の歌曲、昭和の歌謡」
主催: 芳賀 徹 教授
 
1996年1月22日 - 1996年1月23日    第13回 シンポジウム
テーマ: 「日本型組織をめぐる諸問題」
主催: 笠谷 和比古 助教授
 
1996年2月2日 - 1996年2月3日    第14回 シンポジウム
テーマ: 「日本・アジア現代美術交流の今後の問題」
主催: 芳賀 徹 教授
 
1996年5月16日 - 1996年5月17日    第15回 シンポジウム
テーマ: 「現代における中国哲学研究者 -21世紀への展望」
主催: 芳賀 徹 教授
 
1996年7月29日 - 1996年7月30日    第16回 シンポジウム
テーマ: 「日本型組織をめぐる諸問題(II) -日本型組織と個人」
主催: 笠谷 和比古 教授
 
1996年11月22日 - 1996年11月23日    第17回 シンポジウム
テーマ: 「日本型組織をめぐる諸問題(III) -日本型組織のシステム論的分析」
主催: 笠谷 和比古 教授
 
1996年12月20日 - 1996年12月21日    第18回 シンポジウム
テーマ: 「江戸期の旅行記と物の見方の問題」
主催: 芳賀 徹 教授
 
1997年2月21日 - 1997年2月22日    第19回 シンポジウム
テーマ: 「シンポジウム『絵画・版画・写真』」
主催: 白幡 洋三郎 教授
 
1997年2月25日 - 1997年2月27日    第20回 シンポジウム
テーマ: 「家族と人口の歴史社会学」
主催: 落合 恵美子 助教授
 
1997年3月16日 - 1997年3月18日    第21回 シンポジウム
テーマ: 「語り物・・・東と西『日本の語り物、世界の語り物』」
主催: 河合 隼雄 所長 / 上垣外 憲一 助教授
 
1997年3月24日 - 1997年3月25日    第22回 シンポジウム
テーマ: 「将棋とは何か」
主催: 尾本 恵市 教授
 
1997年3月27日    第23回 シンポジウム
テーマ: 「日本文学研究とコンピューター -現状と未来-」
主催: 光田 和伸 助教授
 
1997年4月4日 - 1997年4月5日    第24回 シンポジウム
テーマ: 「日本型組織をめぐる諸問題(IV) -日本型組織比較文明論的考察-」
主催: 笠谷 和比古 教授
 
1997年7月29日    第25回 シンポジウム
テーマ: 「東アジア文化交流史研究」
主催: 上垣外 憲一 助教授
 
1998年2月22日 - 1998年2月23日    第26回 シンポジウム
テーマ: 「東アジア比較文化史研究」
主催: 上垣外 憲一 教授
 
1998年2月24日 - 1998年2月25日    第27回 シンポジウム
テーマ: 「異文化交流の倫理」
主催: 稲賀 繁美 助教授
 
1998年3月11日 - 1998年3月12日    第28回 シンポジウム
テーマ: 「中国流出日本関係文献・絵画の総合調査」
主催: 笠谷 和比古 教授
 
1998年3月13日    第29回 シンポジウム
テーマ: 「ネットワークと電子メディアを利用した研究交流の可能性 -中国における日本・日本語研究の場合-」
主催: 上垣外 憲一 助教授 / 山田 奨治 助教授
 
1998年7月10日 - 1998年7月11日    第30回 シンポジウム
テーマ: 「日本官僚制の論理と倫理」
主催: 笠谷 和比古 教授
 
1998年7月17日 - 1998年7月18日    第31回 シンポジウム
テーマ: 「近世社会における文化的モビリティ -徳川時代の武家、公家、庶民-」
主催: 笠谷 和比古 教授
 
1998年8月4日 - 1998年8月5日    第32回 シンポジウム
テーマ: 「異文化交流の倫理にむけて(2)」
主催: 稲賀 繁美 助教授
 
1998年8月5日 - 1998年8月6日    第33回 シンポジウム
テーマ: 「古文書OCR(自動読み取り)」
主催: 山田 奨治 助教授
 
1999年3月5日 - 1999年3月7日    第34回 シンポジウム
テーマ: 「曖昧さを焦点に」
主催: 鈴木 貞美 教授
 
1999年9月4日    第35回 シンポジウム
テーマ: 「日中韓におけるアジア観の変遷」
主催: 劉 建輝 助教授
 
1999年11月30日 - 1999年12月1日    第36回 シンポジウム
テーマ: 「日本・トルコの比較近代化研究」
主催: 笠谷 和比古 教授
 
2000年2月29日 - 2000年3月1日    第37回 シンポジウム
テーマ: 「ユーラシアプロジェクトの成果と挑戦 1995〜2000」
主催: 速水 融 名誉教授 / 落合 恵美子 助教授
 
2000年3月9日 - 2000年3月11日    第38回 シンポジウム
テーマ: 「地球研究を通してみた近代日本」
主催: 園田 英弘 教授
 
2000年3月11日 - 2000年3月12日    第39回 シンポジウム
テーマ: 「東アジア比較文学史の可能性を考える」
主催: 劉 建輝 助教授
 
2000年3月24日 - 2000年3月25日    第40回 シンポジウム
テーマ: 「日本研究とビジュアルデータベース」
主催: 赤澤 威 教授
 
2000年3月26日    第41回 シンポジウム
テーマ: 「亀の古代学」
主催: 千田 稔 教授 / 宇野 隆夫 教授
 
2000年3月27日 - 2000年3月29日    第42回 シンポジウム
テーマ: 「連歌空間<連歌>に出会うために セッション2000」
主催: 光田 和伸 助教授
 
2000年3月28日    第43回 シンポジウム
テーマ: 「民事判決原本利用保存の諸問題」
主催: 石井 紫郎 教授
 
2000年3月29日 - 2000年3月30日    第44回 シンポジウム
テーマ: 「聖なるものの形と場」
主催: 頼富 本宏 教授
 
2000年3月31日    第45回 シンポジウム
テーマ: 「バブル経済崩壊後の日本研究」
主催: ジェームズ バクスター 教授
 
2001年2月9日 - 2001年2月11日    第46回 シンポジウム
テーマ: 「コリアにおける日本研究の現在」
主催: 鈴木 貞美 教授
 
2001年3月19日    第48回 シンポジウム
テーマ: 「近代東アジアの美術史学・建築史学・考古学の成立:文化財行政とその周辺」
主催: 稲賀 繁美 助教授
 
2001年6月20日    第49回 シンポジウム
テーマ: 「日中文化往還:地図と留学生がもたらした『西洋』的世界像」
主催: 劉 建輝 助教授
 
2001年7月28日    第50回 シンポジウム
テーマ: 「明治期総合雑誌の学際的研究」
主催: 鈴木 貞美 教授
 
2001年12月7日 - 2001年12月8日    第52回 シンポジウム
テーマ: 「20世紀の日中関係を振り返る −「満州」と60年代後半青年運動」
主催: 鈴木 貞美 教授
 
2002年1月31日 - 2002年2月1日    第53回 シンポジウム
テーマ: 「東アジア文明と『半島空間』−山東半島と遼東半島」
主催: 千田 稔 教授 / 宇野 隆夫 教授
 
2002年3月28日    第54回 シンポジウム
テーマ: 「コマーシャル映像の文化的研究を探る」
主催: 山田 奨治 助教授
 
2002年10月19日 - 2002年10月20日    第55回 シンポジウム
テーマ: 「東アジアにおけるラジオ史」
主催: 佐藤 卓己 助教授
 
2002年12月6日 - 2002年12月7日    第56回 シンポジウム
テーマ: 「学芸ジャンルの編成と再編成 −2002」
主催: 鈴木 貞美 教授
 
2003年1月27日    第57回 シンポジウム
テーマ: 「東アジアにおける日本研究の現状と展望」
主催: 白幡 洋三郎 教授 / 劉 建輝 助教授
 
2003年2月9日 - 2003年2月11日    第58回 シンポジウム
テーマ: 「百人一首の世界」
主催: 白幡 洋三郎 教授
 
2003年2月21日 - 2003年2月22日    第59回 シンポジウム
テーマ: 「将棋学の可能性をさぐる」
主催: 早川 聞多 教授
 
2003年3月15日    第61回 シンポジウム
テーマ: 「石川淳をめぐって」
主催: 鈴木 貞美 教授
 
2003年3月30日 - 2003年3月31日    第62回 シンポジウム
テーマ: オックスフォード大学研究者グループとの学術交流セミナー「市民社会の諸相」日英合同シンポジウム 1.「京都と市民」 2.「京都と武士」 3.「京都市民と神社仏閣」 4.「市民社会の諸相 −日本との比較 1」 5.「市民社会の諸相 −日本との比較 2」
主催: 川勝 平太 教授
 
2003年4月25日 - 2003年4月26日    第63回 シンポジウム
テーマ: 「妖怪研究の過去・現在・未来を考える」
主催: 小松 和彦 教授
 
2003年7月18日 - 2003年7月19日    第64回 シンポジウム
テーマ: 「近代東アジア文化とプロテスタント宣教師」
主催: テモテ カーン 助教授
 
2003年7月30日 - 2003年7月31日    第65回 シンポジウム
テーマ: 「東アジア美術史・文化史の再構築 −文化史の基礎概念の問い直しからあらたな提案へ」
主催: 稲賀 繁美 助教授
 
2003年10月13日 - 2003年10月14日    第66回 シンポジウム
テーマ: 「世界の中の日本地域研究方法論 −新世界地理の構成−」
主催: 安田 喜憲 教授
 
2003年12月12日 - 2003年12月13日    第67回 シンポジウム
テーマ: 「近代中国東北部の歴史と文化」
主催: 劉 建輝 助教授
 
2004年1月11日 - 2004年1月13日    第68回 シンポジウム
テーマ: 「稲作文明のエートス −地球環境史とアジア文明史の相互関係の解明」
主催: 安田 喜憲 教授
 
2004年1月30日 - 2004年1月31日    第69回 シンポジウム
テーマ: 「テレビCMによる文化研究のあらたな可能性を探る」
主催: 山田 奨治 助教授
 
2004年2月7日 - 2004年2月9日    第70回 シンポジウム
テーマ: 「日本の出版文化とジャンル」
主催: 鈴木 貞美 教授
 
2004年2月10日    第71回 シンポジウム
テーマ: 「日中漢語概念の往還」
主催: 劉 建輝 助教授
 
2004年3月19日    第72回 シンポジウム
テーマ: 「赤澤 威教授退官記念シンポジウム」
主催: 発起人: 小松和彦 教授/ 宇野 隆夫 教授/稲賀 繁美 助教授/森 洋久 助教授
 
2004年9月13日    第73回 シンポジウム
テーマ: 「写真史研究の広がり— 映像資料と日本文化史研究」
主催: 白幡 洋三郎 教授
 
2004年9月25日    第74回 シンポジウム
テーマ: 「近代東アジア文化史の再構築」
主催: 劉 建輝 助教授
 
2005年3月17日 - 2005年3月18日    第75回 シンポジウム
テーマ: Inter Asian Competition for the World Market
主催: 川勝 平太 教授
 
2005年5月14日    第77回 シンポジウム
テーマ: 「日本音楽における時間性−その美学的概念や音楽語法に関する技術的様相」
主催: 細川 周平 助教授
 
2005年6月25日    第78回 シンポジウム
テーマ: 「東アジア文化史再構築の試み」
主催: 劉 建輝 助教授
 
2005年11月26日    第79回 シンポジウム
テーマ: 「往還と沈潜:日中文化相互受容の再考察」
主催: 劉 建輝 助教授
 
2006年5月24日    第80回 シンポジウム
テーマ: 「境界線と文化アイデンティティ」
主催: 稲賀 繁美 教授
 
2006年6月5日    第81回 シンポジウム
テーマ: 「『鎮守の社』は近現代に生まれた景観?−映像資料をもとに」
主催: 白幡 洋三郎 教授
 
2006年7月15日    第82回 シンポジウム
テーマ: 「外国人カメラマンが撮った幕末日本」
主催: 白幡 洋三郎 教授
 
2007年1月26日 - 2007年1月27日    第83回 シンポジウム
テーマ: 日文研横断シンポ「戦争・メディア・ジャンル」
主催: 鈴木 貞美 教授
 
2007年7月17日    第84回 シンポジウム
テーマ: イスラーム神学校における教育文化
主催: ジェームズ バクスター 教授
 
2008年10月4日    第85回 シンポジウム
テーマ: 安丸民衆史の射程-主体性・全体性・両義性-
主催: 国際日本文化研究センター   磯前順一准教授
場所: 国際日本文化研究センター (京都 日本)
2008年10月22日    第86回 シンポジウム
テーマ: 東アジア連帯論の系譜と国際理解
主催: 国際日本文化研究センター   劉建輝准教授
場所: 国際日本文化研究センター (京都 日本)
2008年12月4日 - 2008年12月7日    第87回 シンポジウム
テーマ: 戦間期大阪の音楽と近代
主催: 国際日本文化研究センター   細川周平教授
場所: 国際日本文化研究センター (京都 日本)
2009年5月23日 - 2009年5月24日    第88回 シンポジウム
テーマ: 京都学派と「近代の超克」-近代性・帝国・普遍性-
主催: 国際日本文化研究センター   鈴木貞美教授
場所: 国際日本文化研究センター (京都 日本)
2009年6月17日    第89回 シンポジウム
テーマ: 日文研・バークレーの対話
主催: 国際日本文化研究センター   ジェームズ・バクスター教授
場所: 国際日本文化研究センター (京都 日本)
2009年9月9日 - 2009年9月14日    第90回 シンポジウム
テーマ: 東北アジア文化史の再構築
場所: 黒龍江大学 (ハルピン 中国)
2009年11月25日 - 2009年11月27日    第91回 シンポジウム
テーマ: 近代東アジアにおける鍵概念-民族、国家、民族主義-
主催: 国際日本文化研究センター   鈴木貞美教授
場所: 中山大学 (広州 中国)
2009年12月4日 - 2009年12月5日    第92回 シンポジウム
テーマ: 立命館アート・リサーチセンター創立10周年記念-近世春本・春画とそのコンテクスト-
主催: 国際日本文化研究センター   早川聞多教授
場所: 立命館大学国際平和ミュージアム (京都 日本)
2010年3月5日 - 2010年3月6日    第93回 シンポジウム
テーマ: 近代東アジア歴史研究の現状と既存資料の有効利用
主催: 国際日本文化研究センター   劉建輝准教授
場所: 国際日本文化研究センター (京都 日本)
2010年7月16日 - 2010年7月18日    第94回 シンポジウム
テーマ: 東アジアにおけるトランスナショナル人文学の可能性 日文研共同研究会「東アジア近現代における知的交流-概念編成を中心に」
主催: 漢陽大 比較歴史文化研究所   鈴木貞美教授
場所: 国際日本文化研究センター (京都 日本)
2010年9月11日    第95回 シンポジウム
テーマ: 日本の歴史的時空間情報の現在
主催: 山田奨治准教授
場所: 国際日本文化研究センター (京都 日本)
2010年9月19日    第96回 シンポジウム
テーマ: 『文藝春秋』の欧文付録「Japan To-day」の研究
主催: 鈴木貞美教授
場所: 国際日本文化研究センター (京都 日本)
2010年9月23日 - 2010年9月25日    第97回 シンポジウム
テーマ: 東アジアにおける知的体系の再構築:日本と中国の視座
主催: 国際日本文化研究センター   鈴木貞美教授
共催: 南京大学人文社会科学高等研究院
場所: 南京大学 (南京 中国)
2010年10月30日    第98回 シンポジウム
テーマ: 「石川淳と戦後日本」合評会
主催: 国際日本文化研究センター   鈴木貞美教授
場所: 国際日本文化研究センター (京都 日本)
2010年12月18日 - 2010年12月20日    第99回 シンポジウム
テーマ: 日韓相互認識-移動と視線1910-2010
主催: 東北亜歴史財団 国際日本文化研究センター   松田利彦准教授
場所: 国際日本文化研究センター (京都 日本)
2011年3月4日 - 2011年3月6日    第100回 シンポジウム
テーマ: 中国東北部(旧満州)と日本-100年関係史の整理と再編
主催: 国際日本文化研究センター   劉建輝准教授
場所: 国際日本文化研究センター (京都 日本)
2011年3月19日 - 2011年3月20日    第101回 シンポジウム
テーマ: 1950年代日本映画における「戦後」の構築研究
主催: 国際日本文化研究センター   細川周平教授
場所: 国際日本文化研究センター (京都 日本)
2011年7月30日 - 2011年7月31日    第102回 シンポジウム
テーマ: 1950年代日本映画における戦前・戦中との連続性・非連続性
主催: 国際日本文化研究センター   細川周平教授
場所: 国際日本文化研究センター (京都 日本)
2011年9月30日 - 2011年10月1日    第103回 シンポジウム
テーマ: 万国博覧会とアジア-上海から上海へ、そしてその先へ-
主催: 国際日本文化研究センター   佐野真由子准教授
場所: 国際日本文化研究センター (京都 日本)
2011年11月25日    第104回 シンポジウム
テーマ: 生態、環境、資源から見る近代「満洲」:前近代からの連続・非連続を中心に
主催: 国際日本文化研究センター   劉建輝准教授
場所: 国際日本文化研究センター (京都 日本)
2012年1月21日    第105回 シンポジウム
テーマ: 「外地」文学の言説的ネットワーク-台湾と「満洲」の対話-
主催: 国際日本文化研究センター   劉建輝准教授
共催: 人間文化研究機構 日本関連在外資料調査研究 カテゴリー(B)中国チーム(a)
場所: 国際日本文化研究センター (京都 日本)
2012年2月3日 - 2012年2月4日    第106回 シンポジウム
テーマ: 植民地朝鮮と宗教-トランスナショナルな帝国史の叙述にむけて-
主催: 国際日本文化研究センター   磯前順一准教授
場所: 国際日本文化研究センター (京都 日本)
2012年2月13日    第107回 シンポジウム
テーマ: 植民地裁判資料の活用-韓国大法院所蔵民事判決文を中心に
主催: 国際日本文化研究センター   松田利彦准教授
場所: 国際日本文化研究センター (京都 日本)
2012年4月7日    第108回 シンポジウム
テーマ: 「妙貞問答」の訳注・英訳・研究
主催: 国際日本文化研究センター   ジョン・ブリーン教授
場所: 国際日本文化研究センター (京都 日本)
2012年7月22日    第109回 シンポジウム
テーマ: ポスト世俗主義と公共性
主催: 国際日本文化研究センター   磯前順一准教授
場所: 国際日本文化研究センター (京都 日本)
2012年11月10日 - 2012年11月11日    第110回 シンポジウム
テーマ: 近代アジアをめぐる絵ハガキメディア-帝国・表象・ネットワーク
主催: 国際日本文化研究センター   稲賀繁美教授
場所: 国際日本文化研究センター (京都 日本)
2012年12月8日 - 2012年12月9日    第112回 シンポジウム
テーマ: 日蘭関係史をよみとく―蘭学を中心に―
主催: 国際日本文化研究センター   フレデリック・クレインス准教授
場所: 国際日本文化研究センター (京都 日本)
2013年3月15日    第113回 シンポジウム
テーマ: 近代日本と華北--文化交流からの再検討
主催: 国際日本文化研究センター   劉 建輝准教授
場所: 国際日本文化研究センター (京都 日本)
2013年6月16日    第114回 シンポジウム
テーマ: 近代日本の国家観 ―学際的考察―
主催: 国際日本文化研究センター   瀧井 一博教授
場所: 国際日本文化研究センター 第2共同研究室 (京都 日本)
2013年7月21日 - 2013年7月22日    第115回 シンポジウム
テーマ: 宗教と公共性―神道と宗教復興から
主催: 国際日本文化研究センター   磯前 順一准教授
場所: 国際日本文化研究センター 第5共同研究室 (京都 日本)
2013年7月26日 - 2013年7月27日    第116回 シンポジウム
テーマ: 国際シンポジウム 転換期の伊勢
主催: 国際日本文化研究センター   ジョン ブリーン教授
場所: 国際日本文化研究センター 第1共同研究室 (京都 日本)
2013年8月26日    第117回 シンポジウム
テーマ: 『妙貞問答』の諸問題
主催: 国際日本文化研究センター   末木 文美士教授
場所: 国際日本文化研究センター 第5共同研究室 (京都 日本)
2013年11月8日 - 2013年11月10日    第118回 シンポジウム
テーマ: 「大名庭園」の新発見
主催: 国際日本文化研究センター   白幡 洋三郎教授
場所: 国際日本文化研究センター 第1,2共同研究室 (京都 日本)
2014年3月5日    第119回 シンポジウム
テーマ: 関西の映画興行史の基礎調査―『合同通信』を中心に
主催: 国際日本文化研究センター   細川 周平教授
場所: 国際日本文化研究センター 第4共同研究室 (京都 日本)
2014年10月29日    第120回 シンポジウム
テーマ: 交錯する外交と貿易―明清交替期前後の東アジア三国関係
主催: 国際日本文化研究センター   劉 建輝教授
場所: 国際日本文化研究センター 第5共同研究室
 
2014年12月5日    第121回 シンポジウム
テーマ: 言葉の境界をこえる/詩とその翻訳をめぐって
主催: 国際日本文化研究センター   坪井 秀人教授
場所: 国際日本文化研究センター セミナー室1
【ご注意】
自家用車でのご来場は、近隣への迷惑ともなるため、固くお断りしております。 但し、車椅子を利用されている等、公共交通機関でのご来場が困難であり、自家用車でのご来場を希望される場合は、必ず事前に許可をお取り願います。
2015年1月10日 - 2015年1月11日    第122回
テーマ: 怪異・妖怪文化研究の現在
主催: 国際日本文化研究センター   小松 和彦所長
場所: 国際日本文化研究センター 第5共同研究室 (京都 日本)
2015年2月7日 - 2015年2月8日    第123回 シンポジウム
テーマ: 日本古代の地域と交流
主催: 国際日本文化研究センター   倉本 一宏教授
場所: 国際日本文化研究センター 第3共同研究室
【ご注意】
自家用車でのご来場は、近隣への迷惑ともなるため、固くお断りしております。 但し、車椅子を利用されている等、公共交通機関でのご来場が困難であり、自家用車でのご来場を希望される場合は、必ず事前に許可をお取り願います。
 
2015年3月13日 - 2015年3月15日    第124回 シンポジウム
テーマ: 学生・教員参加による日本アニメーション・まんが研究及び教育法
場所: 国際日本文化研究センター 第5共同研究室
【ご注意】
自家用車でのご来場は、近隣への迷惑ともなるため、固くお断りしております。
 
2015年3月24日    第125回 シンポジウム
テーマ: 『記憶の改変-「私は貝になりたい」と記憶の政治学』
主催: 国際日本文化研究センター   瀧井 一博教授
場所: 国際日本文化研究センター (京都 日本)
2015年9月26日 - 2015年9月27日    第126回 シンポジウム
テーマ: 民謡研究の今日
主催: 国際日本文化研究センター   細川 周平教授
場所: 国際日本文化研究センター (京都 日本)
2015年11月20日    第127回 シンポジウム
テーマ: ドイツにおける日本文学の研究
場所: 国際日本文化研究センター 第5共同研究室 (京都 日本)
申込み: 不要
受講料: 無料
参加対象者: 研究者限定
使用言語: 発表は英語、討論は日本語
ベルリン自由大学教授であるイルメラ・日地谷=キルシュネライト氏を招待し、ドイツにおける日本文学の研究状況について講義をしていただく。
主宰者: 郭 南燕 准教授
講演者: イルメラ・日地谷=キルシュネライト
コメンテーター: 中川 成美 (立命館大学)
コメンテーター: 谷口 幸代 (お茶の水女子大学)
コメンテーター: 稲賀 繁美 (国際日本文化研究センター)
コメンテーター: 坪井 秀人 (国際日本文化研究センター)
PDFダウンロード
2015年11月28日 - 2015年11月29日    第128回 シンポジウム
テーマ: 鎮魂・翻訳・記憶-声にならない他者の声を聴く
主催: 国際日本文化研究センター   磯前 順一教授
場所: 国際日本文化研究センター (京都 日本)
2016年2月9日    第129回 シンポジウム
テーマ: CM研究の展開と発展 日文研共同研究からの10年
場所: 国際日本文化研究センター セミナー室1 (京都 日本)
申込み: 不要
受講料: 無料
参加対象者: 研究者限定
PDFダウンロード
2016年2月27日 - 2016年2月28日    第130回 シンポジウム
テーマ: 翻訳の再評価:学問を深める原動力
コーディネーター: パトリシア・フィスター (国際日本文化研究センター)、 リン・リッグス (人文社会科学翻訳センター)
趣旨: 本シンポジウムでは、学術翻訳の意義と問題点を明確化し、新しい時代の学術翻訳のありかたを探るために、日本の人文社会科学の学術書・学術論文等の外国語(主に英語)への翻訳について、研究者、出版関係者、翻訳者、編集者が、これまでの経験を踏まえながら、学術翻訳に関する理念と現実的な問題点を発表し、集中的に議論する。
場所: 国際日本文化研究センター (京都 日本)
受講料: 無料
参加対象者: 研究者、翻訳者・エディター、学術出版関係者
使用言語: 日本語/英語(通訳なし)
お問い合わせ・連絡先: 参加ご希望の方は、2月25日までに①氏名、②所属先・職、③メールアドレス、④参加希望セッションを明記の上、kenkyo@nichibun.ac.jp までご連絡願います。
※開催時間は別紙プログラムのとおり

※昼食につきまして、土曜日はセンター併設のレストランが利用可能ですが、日曜日は近隣にレストラン等ございません。各自昼食をご持参くださるようお願いします。
PDFダウンロード
2016年12月5日 - 2016年12月6日    シンポジウム
テーマ: 鈴木大拙を顧みる:没後50年を記念して
主催: 国際日本文化研究センター
場所: 国際日本文化研究センター 第1共同研究室
参加対象者: 研究者限定(先着40名)
使用言語: 日本語/英語(通訳なし)
お問い合わせ・連絡先: 参加ご希望の方は、12月2日(金)までに①氏名、②所属先・職、③メールアドレスを明記の上、kenkyo*nichibun.ac.jp(*を@に置き換えてください) までご連絡願います(事前申込制)。

詳細は、添付のプログラムをご覧下さい。
PDFダウンロード
2017年5月14日    シンポジウム
テーマ: なぜ国際日本研究なのか
主催: 「国際日本研究」コンソーシアム準備会
場所: 国際日本文化研究センター 第1共同研究室
参加対象者: 研究者限定
使用言語: 日本語
お問い合わせ・連絡先: 研究協力課 kenkyo*nichibun.ac.jp(*を@に置き換えてください)

詳細は、添付のプログラムをご覧下さい。
PDFダウンロード
2017年7月24日 - 2017年7月25日    シンポジウム
テーマ: 近世期絵入百科事典データベース公開記念-書物にみる絵とことばの350年
主催: 国際日本文化研究センター
場所: 国際日本文化研究センター 第1共同研究室
参加対象者: 研究者
使用言語: 日本語(通訳なし)
お問い合わせ・連絡先: kenkyo*nichibun.ac.jp(*を@に置き換えてください)

詳細は、添付のプログラムをご覧下さい。

PDFダウンロード
2017年7月29日    シンポジウム
テーマ: 妖怪データベースからの創造-公開15周年記念シンポジウム
開場時間: 13:15
開始時間: 14:00
終了時間: 16:30
主催: 国際日本文化研究センター
場所: 国際日本文化研究センター 講堂
申込み: 事前申込不要(先着500名まで)
参加対象者: 一般
使用言語: 日本語(通訳なし)
お問い合わせ・連絡先: koenkai*nichibun.ac.jp(*を@に置き換えてください)

詳細は添付のプログラムをご覧下さい。

ご注意:
本シンポジウムにつきましては、無料送迎バスはございませんが、シンポジウムの開演・終演時間に合わせて、京都市バス、京阪京都交通、ヤサカバスの臨時バスがでます。

*臨時バス (料金片道240円)
 1. 京都市バス 西5系統
 〇往路 桂駅西口発 13:05、13:17 → 花の舞公園前
 〇復路 花の舞公園前発 16:45、17:00 → 桂駅西口

 ※往路・復路共に桂駅西口・花の舞公園前間のすべての停留所に停車します。


 2. 京阪京都交通 20B号系統
 〇往路 桂駅西口発 13:12(複数台運行)→ 花の舞公園前
 ※臨時便は、花の舞公園前まで直行します。

 〇復路 花の舞公園前 16:51(複数台運行)→ 桂駅西口
 ※臨時便は、桂駅西口まで直行します。

 京阪京都交通の臨時便の詳細については、チラシをご確認ください。
 また問い合わせにつきましては、下記まで連絡をお願いいたします。
 京阪京都交通 西京営業所 TEL:075-382-4888
 

3.ヤサカバス 1A、6号系統
〇往路 JR桂川駅発 12:40以降に臨時バス(最大2台)
〇復路 花の舞公園前発 16:45以降に臨時バス(最大2台)


お車でのご来場は、近隣へのご迷惑となりますので、固くお断りしております。但し、車椅子をご利用されている等、公共交通機関でのご来場が困難であり、自家用車でのご来場を希望される場合は、必ず事前にご相談ください。
PDFダウンロード

ページトップへ