研究者

ホーム > 研究者 > 荒木 浩 (副所長)

副所長

荒木 浩

荒木 浩

  • 専門分野
    日本文学
  • 研究テーマ
    私は、源氏物語、今昔物語集、徒然草など古典の研究を行い、夢の文化にも関心を抱いてきました。現在は、古典文化の国際的・現代的な可能性を探るため、「投企する古典性―視覚/大衆/現代」という共同研究を進めています。
  • キーワード
    古代・中世日本文学、宗教と文学、心、夢、フキダシ、絵画・伝承・表現
学歴
  • 1982年3月
    京都大学 文学部 文学科国語学国文学専攻 卒業
  • 1984年3月
    京都大学大学院 文学研究科国語学国文学専攻修士課程 修了
  • 1986年9月
    京都大学大学院 文学研究科国語学国文学専攻博士後期課程 中退
職歴
  • 1986年10月
    愛知県立大学 講師
  • 1986年10月
    愛知県立女子短期大学 講師
  • 1990年4月
    愛知県立女子短期大学 助教授
  • 1990年4月
    愛知県立大学 助教授
  • 1992年4月
    大阪大学 教養部 助教授
  • 1994年4月
    大阪大学 文学部 助教授
  • 1997年4月
    国文学研究資料館 研究情報部 併任助教授
  • 1999年4月
    大阪大学大学院 文学研究科 助教授
  • 1999年9月
    コロンビア大学 客員研究員
  • 2006年4月
    大阪大学大学院 文学研究科 教授
  • 2007年8月
    ジャワハルラル・ネルー大学 客員教授
  • 2010年4月
    国際日本文化研究センター 教授
  • 2018年4月
    国際日本文化研究センター 副所長 教授
学位
  • 1984年3月
    京都大学 修士(文学)
  • 2013年3月
    京都大学 博士(文学)
主要業績
全業績を表示
共著書
  • (編集) 『夢見る日本文化のパラダイム』 共同研究報告書 No.116 p.582、法藏館、2015年
  • (編著) 『中世文学と隣接諸学 第10巻 中世の随筆―成立・展開と文体―』 p.583、竹林舎、2014年
  • (分担執筆) 川端善明 荒木浩校注 『新日本古典文学大系41 古事談 続古事談』、岩波書店、東京、2005年
単独論文
  • 「『方丈記』の文体と思想―その結構をめぐって―」 『文学 隔月刊 《特集》方丈記800年』 第13巻・2号 3・4月号、2012年、pp.61-76
  • 「月はどんな顔をしている?」 『三谷研爾編「Between “National and Regional”Reorientation of Studies on Japanese and Central European Cultures」』、大阪大学文学研究科、2012年、pp.8-19
  • 「釈教歌と石鹸―宮澤賢治の〈有明〉再読―」 『宮澤賢治の深層―宗教からの照射―(プラット・アブラハム・ジョージ/小松和彦編)』、法蔵館、2012年、pp.141-172
受賞
  • 1992年
    財団法人日本古典文学会 第18回日本古典文学会賞受賞
所属学会
  • 中世文学会
  • 仏教文学会
  • 日本仏教綜合研究学会
  • 説話文学会