研究者

ホーム > 研究者 > 磯前 順一 (専任教員)

専任教員

磯前 順一

磯前 順一

  • 専門分野
    宗教学、批判理論
  • 研究テーマ
    悪行を行ないながら、自分を善良だと思う姿に人間の本質を見るような気がします。そうした心の働きの中で神という観念も、差別という現象も発生してくるのではないでしょうか。それが私が宗教に関心を持つ理由です。
  • キーワード
    他者・可傷性・表現行為
  • ホームページ
    https://nichibun.academia.edu/JunichiIsomae
学歴
  • 1990年3月
    東京大学 大学院人文科学研究科修士課程 修了
  • 1991年3月
    東京大学 大学院人文科学研究科博士課程 中退
職歴
  • 1991年4月
    東京大学 文学部 助手
  • 1997年4月
    日本女子大学 文学部史学科 助教授
  • 2003年4月
    ロンドン大学 SOAS 客員研究員
  • 2003年6月
    チュービンゲン大学日本研究所 客員教授
  • 2003年9月
    ハーバード大学ライシャワー研究所 客員研究員
  • 2007年4月
    国際日本文化研究センター 准教授
  • 2008年4月
    同志社大学 一神教研究センター 客員教授
  • 2010年4月
    ルール大学ボッフム 「宗教史のダイナミックス」コンソーシアム 客員研究員(−2013年11月)
  • 2011年10月
    チューリヒ大学 「URPPアジアとヨーロッパ」 客員教授
  • 2012年9月
    フラー神学校(米国) Ph.Dチュートリアル(宗教学およびポストコロニアル研究)
  • 2012年10月
    ルール大学ボッフム 宗教学研究センター 客員教授
  • 2012年12月
    チューリヒ大学 東アジア学科 客員教授
  • 2015年4月
    国際日本文化研究センター 教授
学位
  • 1990年3月
    東京大学 修士(文学)
  • 2010年10月
    東京大学 博士(文学)
主要業績
全業績を表示
単著書
共著書
単独論文
  • 「津田左右吉の文献学と儒学的合理主義――人文学的批評の両義性」 『津田左右吉とアジアの人文学 研究報告論文集』 4、私立大学戦略的研究基盤形成支援事業「近代日本の人文学と東アジア文化圏」第三研究グループ「早稲田大学と東アジア」、2018年3月、pp.3-20
  • 「津田左右吉の文献学と儒学的合理主義――人文学的批評はいかにして可能になるか」 『WASEDA RILAS JOURNAL』 NO.5、2017年10月、pp.332-340
  • “Religion, Religious Studies, and Shinto in Modern Japan,” (Richard King, ed.) Religion, Theory, Critique: Classic and Contemporary Approaches and Methodologies, Columbia University Press, New York, 2017, pp.87-96
  • “Revering Heaven and Prostrating before the Earth: History of the Shinto Fushimi Inari Great Toyo Church,” (Michael Wachutka, Monika Schrimpf, Birgit Staemmer, eds.) Religion, Politik und Ideologie: Beitraege zu einer kritischen Kulturwissenschaft, Iudicium, Munchen, 2017, pp.87-102
  • 「일본 근대 종교개념의 형성」 『(成田龍一엮음)근대 知의 성립』 2011년、소명출판、2017年、pp.185-218
  • (「近代における『宗教』概念の形成過程」 『(成田龍一編著)近代日本の文化史3-近代知の成立』、ソミョン出版、ソウル、2017年、pp.185-218)
その他執筆
  • 「[書評]酒井直樹『ひきこもりの国民主義』」 『週刊読書人』、2018年3月18日
  • ““Endorsement,” Helen Hardacre, Shinto,” Oxford, New York, 2017
  • 「連載 巡礼人生」 『朝日新聞(茨城版・毎月、最終土曜)』 4月~9月、2016年9月
  • 「連載 メディア時評」 『毎日新聞(毎月、土曜日に一回)』 4月~7月、2016年7月
  • “"Endorsement,” Yijiang Zhong, The Origin of Modern Shinto in Japan: The Vanquished Gods of Izumo,” Bloomsbury, London, and et.al., 2016
学会・シンポジウム・講演会
  • “Religious Subjectification in Modern Japan: Translation, Transference and Mythical Others,” East Asian Program at Princeton University, 14 March 2018
  • (ゲスト講義) 「死者たちの声が聞こえますか 東日本大震災における宗教の役割」、愛知大学国際観光学特殊講義、名古屋、2017年12月12日
  • “Hear the Voices of the Dead?: Religious Experience and the Northeast Japan Disaster,” The Portland State University Center for Japanese Studies, 30 November 2017
  • “Translation, Mysterious Others and Transference: Religious Subjectifications from the Experience of Northeast Japan Disaster,” KHK at Center for Religious Studies, Ruhr University Bochum, 13 November 2017
  • “Translation, Mysterious Others and Transference: Religious Subjectifications from the Experience of Northeast Japan Disaster,” The Conference “Japanese Studies after 3.11” at Ostasiatisches, 11 November 2017
その他
  • 2015年6月17日 
    「『ザ・タイガース研究論』日本の成長と挫折 体現」、『読売新聞』(関西版・夕刊)
  • 2015年5月24日 
    「著者の肖像『死者のざわめき 被災地信仰論』」、『茨城新聞』
所属学会
  • American Academy of Religion
  • Association for Asian Studies
  • North American Association for Study of Religion
  • 日本宗教学会