研究者

ホーム > 研究者 > 磯前 順一 (専任教員)

専任教員

磯前 順一

磯前 順一

  • 専門分野
    宗教学、批判理論
  • 研究テーマ
    悪行を行ないながら、自分を善良だと思う姿に人間の本質を見るような気がします。そうした心の働きの中で神という観念も、差別という現象も発生してくるのではないでしょうか。それが私が宗教に関心を持つ理由です。
  • キーワード
    他者・可傷性・表現行為
  • ホームページ
    https://nichibun.academia.edu/JunichiIsomae
学歴
  • 1990年3月
    東京大学 大学院人文科学研究科修士課程 修了
  • 1991年3月
    東京大学 大学院人文科学研究科博士課程 中退
職歴
  • 1991年4月
    東京大学 文学部 助手
  • 1997年4月
    日本女子大学 文学部史学科 助教授
  • 2003年4月
    ロンドン大学 SOAS 客員研究員
  • 2003年6月
    チュービンゲン大学日本研究所 客員教授
  • 2003年9月
    ハーバード大学ライシャワー研究所 客員研究員
  • 2007年4月
    国際日本文化研究センター 准教授
  • 2008年4月
    同志社大学 一神教研究センター 客員教授
  • 2010年4月
    ルール大学ボッフム 「宗教史のダイナミックス」コンソーシアム 客員研究員(−2013年11月)
  • 2011年10月
    チューリヒ大学 「URPPアジアとヨーロッパ」 客員教授
  • 2012年9月
    フラー神学校(米国) Ph.Dチュートリアル(宗教学およびポストコロニアル研究)
  • 2012年10月
    ルール大学ボッフム 宗教学研究センター 客員教授
  • 2012年12月
    チューリヒ大学 東アジア学科 客員教授
  • 2015年4月
    国際日本文化研究センター 教授
学位
  • 1990年3月
    東京大学 修士(文学)
  • 2010年10月
    東京大学 博士(文学)
主要業績
全業績を表示
単著書
共著書
単独論文
  • 「近代日本の植民地主義と国民国家論――津田左右吉の国民史をめぐる言説布置――」 『思想』 2015年第7号 No.1095、岩波書店、東京、2015年6月29日、pp.105-138
  • 「植民地主義としての天皇制国民国家論――西川長夫の『主体の死』をめぐる思考より」 『国家の論理といのちの倫理』、新教出版、2014年11月、pp.255-279
その他執筆
  • 「思想の言葉 戦後日本社会と国民国家としての植民地体制(酒井直樹との共著)」 『思想』 2015年第7号 No.1095、岩波書店、2015年6月29日
  • 「被災の記憶つなぐ連帯、いまこそ」 『朝日新聞(大阪版・夕刊)』、2015年3月9日
学会・シンポジウム・講演会
  • “After Fukushima: Colonization and the Dead in Contemporary Japan,” Central Europe University, Budapest, Hungary, 4 March 2015
  • “After Fukushima: Colonization and the Dead in Contemporary Japan,” Károli Gáspár University of the Reformed Church in Hungary, Budapest, Hungary, 4 March 2015
  • “After Fukushima: Colonization and the Dead in Contemporary Japan,” International Symposium on Japanese Studies ‘Contemporary Japan – Problems and Challenges’, Center for Japanese Studies, University of Buchares, Bucharest, Hungary, 28 February 2015
  • (講演会) 「『ザ・タイガース 世界はボクらを待っていた』—<戦後民主主義と高度経済成長>再考」、人間文化研究機構 第24回公開講演会、東京、2014年6月7日
  • “Haruki Murakami and the Question of Democracy in Post-Fukushima Japan,” The Tetsuo Najita Distinguished Lecture Series in Japanese Studies, Center for East Asian Studies, University of Chicago, 21 April 2014
その他
  • 2015年6月17日 
    「『ザ・タイガース研究論』日本の成長と挫折 体現」、『読売新聞』(関西版・夕刊)
  • 2015年5月24日 
    「著者の肖像『死者のざわめき 被災地信仰論』」、『茨城新聞』
所属学会
  • American Academy of Religion
  • Association for Asian Studies
  • North American Association for Study of Religion
  • 日本宗教学会