研究者

ホーム > 研究者 > ジョン・ブリーン (専任教員)

専任教員

ジョン・ブリーン

ジョン・ブリーン

  • 専門分野
    日本の近代史
  • 研究テーマ
    伊勢神宮の近現代史を数年前から研究しています。伊勢の遊郭について関心があるほか、近代の天皇と伊勢大麻との関係を今調べています。他方で儀礼的観点からみた明治期の「天皇制」について本を執筆中です。
  • キーワード
    天皇、祭祀、神社、靖国、外交、皇室、近世、近代
  • メールアドレス
    jb8*nichibun.ac.jp(*を@に置き換えてください)
学歴
  • 1979年7月
    ケンブリッジ大学 日本学部 卒業
  • 1993年12月
    ケンブリッジ大学 博士号取得
職歴
  • 1985年9月
    ロンドン大学 SOAS 助教授
  • 2008年8月
    国際日本文化研究センター 准教授
  • 2011年4月
    国際日本文化研究センター 海外研究交流室 教授
  • 2017年4月
    国際日本文化研究センター 総合情報発信室 教授
学位
  • 1993年
    ケンブリッジ大学 博士
主要業績
全業績を表示
単独論文
  • “Yasukuni: The Tokyo shrine to the Japanese military war dead,” The Wiley Blackwell Encyclopedia of Race, Ethnicity, and Nationalism, Wiley Blackwell, 2016
  • 「伊勢神宮と国家儀礼:その歴史と政治を巡って(島薗進と対談)」 『世界』 883号、2016年
  • 「天皇の外交と国際認識:1868-94年」 『大学の日本史:教養から考える歴史へ 4近代』、山川出版、2016年
  • 「戦後の伊勢 プリントメディアにみる神宮と式年遷宮」 『変容する聖地 伊勢』、思文閣、2016年
  • 「近代の宮中儀礼:天皇に求められた政治」 『講座明治維新11:明治維新と宗教・文化』、有志舎、2016年
所属学会
  • Association for Asian Studies
  • British Association for Japanese Studies
  • European Association for Japanese Studies
  • Institute for historical research, University of London
  • Rekishigaku Shingikyōkai