所長

写真
小松 和彦
専門分野 文化人類学、民俗学、口承文芸論
研究テーマ 公務の合間を縫って、ライフワークとして位置づけている『いざなぎ流の研究ー歴史のなかのいざなぎ流太夫』の続編・「祭文と儀礼」のための資料整理と執筆に取り組んでいます。
キーワード 民俗宗教、シャーマニズム、妖怪

学歴

1970年3月埼玉大学 教養学部 教養学科 卒業
1972年3月東京都立大学 大学院社会科学研究科修士課程 修了
1976年3月東京都立大学 大学院社会科学研究科博士課程単位取得 退学

職歴

1977年10月信州大学 教養部 講師
1980年4月信州大学 教養部 助教授
1983年4月大阪大学 文学部 助教授
1996年2月大阪大学 文学部 教授
1997年4月国際日本文化研究センタ- 教授
2012年4月国際日本文化研究センタ- 所長

学位

1972年月東京都立大学 修士(文学)

研究テーマ(ムービー版)

主要業績

単著書

『呪いと日本人』 角川ソフィア文庫、角川学芸出版、東京、2014年7月25日
『「伝説」はなぜ生まれたか』、角川学芸出版、東京、2013年3月25日
『いざなぎ流の研究 歴史のなかのいざなぎ流太夫』、角川学芸出版、東京、2011年9月26日
『百鬼夜行絵巻の謎』 集英社新書ヴィジュアル版 012/V、集英社、東京、2008年12月16日
『福の神と貧乏神』 ちくまプリマーブックス、ちくま書房、東京、200頁、1998年6月

共著書

(編著) 『妖怪学の基礎知識』 角川選書、角川学芸出版、東京、2011年4月25日
(編著) 『妖怪文化の伝統と創造―絵巻・草紙からマンガ・ラノベまで』、せりか書房、東京、2010年
(編著) 『妖怪文化研究の最前線』、せりか書房、東京、2009年

単独論文

「教派神道と宗教者・芸能者」 『シリーズ日本人と宗教 近世から近代へ4 勧進・参詣・祝祭(島薗進・高埜利彦・林淳・若尾政希編)』、春秋社、2015年3月、pp.176-207
「入らずの山と鎮守の森―もうひとつの環境思想としての民俗知」 『日本の環境思想の基層―人文知からの問い』、岩波書店、2012年
「水の神、水の妖怪」 『人と水』 第8号、人間文化研究機構、2010年3月、pp.20-23
「日本の庶民信仰に関する二題」 『日本研究論文集・社会・文化史』、ハノイ国家大学、2010年
「民俗学から見た表現活動」 『幼児教育 知の探求11 表現芸術の世界』、萌文書林、2010年

受賞

2016年 平成28年度 文化功労者
2013年 平成25年秋 紫綬褒章
2011年 第22回 高知出版学術賞 (『いざなぎ流の研究』 角川学芸出版刊)
1979年 財団法人民族学振興会 渋沢賞

所属学会

日本口承文芸学会
日本宗教学会 評議員
日本文化人類学会
日本民俗学会
民俗芸能学会

ページトップへ