研究者

ホーム > 研究者 > 早川 聞多 (名誉教授) ※業績は称号授与時点のもの

名誉教授

早川 聞多

早川 聞多

  • 専門分野
    美術史学、文化史学
  • 研究テーマ
    与謝蕪村の研究、浮世絵春画に関する研究
  • キーワード
    与謝蕪村、雅俗、浮世絵、春画、見立て、性風俗
学歴
  • 1970年3月
    国際基督教大学 人文学科 中退
  • 1974年3月
    東京大学 文学部 哲学科 卒業
  • 1980年3月
    大阪大学 文学研究科修士課程(芸術学専攻) 修了
職歴
  • 1978年4月
    大和文華館 学藝員
  • 1987年11月
    国際日本文化研究センター 助教授
  • 2001年10月
    国際日本文化研究センター 文化資料研究企画室 教授
  • 2015年4月
    国際日本文化研究センター 名誉教授
学位
  • 1980年3月
    大阪大学 修士(芸術)
主要業績
全業績を表示
単独論文
  • 「浮世絵春画の特色」 『国文学解釈と鑑賞・別冊「江戸文化とサブカルチャー」』、至文堂、2005年、pp.229-236
  • 「鈴木春信の見立ての構造ー『今様妻鑑』の絵解き」 『日本研究』 16号 、国際日本文化研究センター、1997年、pp.125-160
  • 「絵画から俳諧へ」 『國文學』 12月号、學燈社、1996年、pp.38-45
  • 「見立絵について『見立て』の構造と意味」 『美術史の断面』、清文堂出版、1995年
  • 「江戸絵画の多様性とタイプ論の試み」 『日本研究』 3号、国際日本文化研究センター、1990年、pp.73-78
所属学会
  • 国際浮世絵学会
  • 美術学会