HOME>研究者一覧>マルクス リュッターマン (専任教員)

公的研究費の不正使用防止等に関する取組み

専任教員

写真
マルクス リュッターマン
専門分野 中・近世の日本社会史、文化史、古文書学
研究テーマ 古代の外来書礼受容及び中・近世の書札礼
キーワード 古文書、書簡、書儀、書札礼、礼儀作法、往来物

学歴

1992年6月ハンブルク市立大学 修士学位 取得
1993年4月大阪市立大学 大学院文学研究科 研修生として留学
1995年9月ハンブルク市立大学 博士号 取得
2002年5月フンボルト大学 日本学教授資格(ハビリタチョーン) 取得

職歴

1996年6月ベルリン市フンボルト大学 研究アシスタント
2002年10月国際日本文化研究センター 助教授
2007年4月国際日本文化研究センター 准教授
2017年4月国際日本文化研究センター 教授

学位

1995年9月ハンブルグ大学 博士(哲学)
2002年5月フンボルト大学 日本学教授資格(ハビリタチョーン)

研究テーマ(ムービー版)

主要業績

単著書

Schreib-Riten (shorei 書礼) Untersuchungen zur Geschichte der japanischen Briefetikette, Teilband 1: Theorie und Überlieferung ; Teilband 2: Rhetorik ; Teilband 3: Nonverbalität und Intermedialität (Izumi: Quellen, Studien und Materialien zur Kultur Japans / herausgegeben von Klaus Kracht; Band 14; Teilbde. 14.1-14.3). , Harrassowitz Verlag., Wiesbaden, 2011.
(『「書礼」日本書簡作法の史的研究』 三巻(独語)、Harrassowitz Verlag.、ヴィスバーデン市、2011年)
Unbefangenheit 無私. Keichūs Beitrag zur Wissenschaftstheorie im frühneuzeitlichen Japan., O.Harrassowitz, Wiesbaden, 199 pages, 2000.
(『偏見なし〈無私〉―契沖の日本近世前期の認識論への貢献』、ハラッソヴィツ出版社、ヴィスバーデン市、199頁、2000年)
Das Dorf Suganoura und seine historischen Quellen. Untersuchungen zur Genese einer zentraljapanischen Dorfgemeinde im späten Mittelalter, MOAG, Bd. 126, OAG, Hamburg, 568 pages, 1996.
(『菅浦村とその史料 ―中世後期の近畿地方における一ケ村の惣形成についての研究』 ハンブルク市東洋学会論叢 126、OAG、Hamburg、568頁、1996年)

単独論文

“Die Striche sind beisammen (gatten). Zur Mehrheitsfindung im mittelalterlichen Japan [“Counting Brushstrokes (Gatten). Decision Making by Majority Rule in Medieval Japan”],” (Egon Flaig (ed.)) Genesis und Dynamiken der Mehrheitsentscheidung, München: Oldenbourg / Historisches Kolleg, 2013, pp.43-63.
(「合点 — 日本中世における多数決定について」 『(Egon Flaig (ed.)) Genesis und Dynamiken der Mehrheitsentscheidung』、München: Oldenbourg / Historisches Kolleg、2013年、pp.43-63)
「中・近世武家書札礼の文化史―記号の概観」 『(小島道裕編) 武士と騎士 日欧比較中近世の研究』、思文閣、京都、2010年、pp.343-372
「日本中近世の懸想文作法について:『艶書文例』を軸に」 『(James C. Baxter編) 日本文化の解釈 ロシアと日本からの視点』、国際日本文化研究センター、京都、2009年、pp.165-183
“So That We Can Study Letter-Writing': The Concept of Epistolary Etiquette in Premodern Japan,” Japan Review 18, International Research Center for Japanese Studies, Kyoto, 2006, pp.57-128.
(「『おのれが文がきならふため』:日本の中・近世における『礼』と『文』の理論的包括性を巡る史的考察」 『Japan Review』 第18号、国際日本文化研究センター、京都、2006年、pp.57-128)

受賞

2013年 Walter de Gruyter 賞 2013 (戦前のプレウセン学士院の後継機関にあたるベルリン・ブランデンブルグ州立学士院人文科学部門の業績優秀賞)
1996年 ハンブルク市立大学協会の最優秀博士論文賞受賞

所属学会

・     ドイツ語圏日本研究学会
・     ヨーロッパ日本研究協会
・     東洋学会(ハンブルク)
・     比較法史学会(京都)

ページトップへ