専任教員

写真
松田 利彦
専門分野 日朝・日韓関係史
研究テーマ 植民地朝鮮における官僚機構、植民地朝鮮における医学者
キーワード 植民地、朝鮮、警察、参政権、東亜聯盟運動、在日朝鮮人、志賀潔

学歴

1989年3月京都大学 文学部 史学科 卒業
1991年3月京都大学大学院 文学研究科 現代史学専攻 修士課程 修了
1993年3月京都大学大学院 文学研究科 現代史学専攻 後期博士課程 単位取得終了

職歴

1992年1月文部省 学術振興会 特別研究員
1993年4月京都大学 文学部 助手
1996年4月兵庫県立神戸商科大学 商経学部 専任講師
1998年10月国際日本文化研究センター 助教授
2000年4月韓国ソウル大学 社会科学大学経済研究所 特別研究員(文部省在外研究員)
2007年4月国際日本文化研究センター 准教授
2013年7月国際日本文化研究センター 教授

学位

2008年3月京都大学 博士(文学)

研究テーマ(ムービー版)

主要業績

単著書

『東亜聯盟運動と朝鮮・朝鮮人 : 日中戦争期における植民地帝国日本の断面』、有志舎、東京、229頁、2015年6月
『日本の朝鮮植民地支配と警察―1905~1945年』、校倉書房、東京、772頁、2009年3月

共著書

(共編著) 酒井哲哉・松田利彦編 『帝国日本と植民地大学』、ゆまに書房、東京、2014年2月
(共編著) 松田利彦・やまだあつし編 『日本の朝鮮・台湾支配と植民地官僚』、思文閣出版、京都、2009年3月

単独論文

「志賀潔と植民地朝鮮」 『翰林日本学』 第25輯、翰林大学校日本学研究所(韓国語版は33~58頁に所収)、春川(韓国)、2014年12月、pp.5-31

所属学会

・     在日朝鮮人史研究会
・     日本植民地研究会
・     朝鮮史研究会
・     韓国近現代史学会
・     (韓国)歴史問題研究所

ページトップへ