専任教員

写真
楠 綾子
専門分野 日本政治外交史、安全保障論
研究テーマ 1950年代の日米安全保障関係
キーワード

学歴

2004年3月神戸大学 大学院博士課程後期課程修了

職歴

2010年4月関西学院大学 国際学部 准教授
2012年4月国際日本文化研究センター 客員准教授
2015年4月国際日本文化研究センター 准教授

学位

2004年3月神戸大学 博士

主要業績

単著書

『現代日本政治史① 占領から独立へ 1945~1952』 、吉川弘文館、2013年
『吉田茂と安全保障政策の形成―日米の構想とその相互作用、1943~1952年』 、ミネルヴァ書房、2009年

共著書

(共編) 中曽根康弘著 中島琢磨 服部龍二 昇亜美子 若月秀和 道下徳成 楠綾子 瀬川高央 『中曽根康弘が語る戦後日本外交』 、新潮社、東京、2012年

単独論文

「国際交流基金の設立――日米関係の変容と日本外交の意識変容」 『(福永文雄編)第二の「戦後」の形成過程――1970年代日本の政治的・外交的再編』 、有斐閣、2015年、pp.89-118
「冷戦と日米知的交流――下田会議(1967)の一考察」 『国際学研究』 vol.3, no.1 、2014年3月、pp.31-44
「安全保障政策の形成をめぐるリーダーシップ――佐藤政権による吉田路線の再選択」 『(戸部良一編)近代日本における指導者像と指導者論』 、千倉書房、2014年、pp.223-251
「戦後日米関係の再生―1948~1960年」 『(五百旗頭真・久保文明・佐々木卓也・簑原俊洋監修)もう一つの日米交流史』 、中央公論新社、2012年、pp.127-187
“The Sato Cabinet and the Making of Japan’s Non-Nuclear Policy,,” the Journal of American-East Asian Relations 15, 2008, pp.25-50.

受賞

2009年12月 国際安全保障学会最優秀出版奨励賞(佐伯喜一賞)

ページトップへ