専任教員

写真
牛村 圭
専門分野 比較文学、比較文化論、文明論
研究テーマ 明治期日本のスポーツとりわけ陸上競技の歴史を、文明の観点から読み直すという作業に取り組んでいます。1912年のストックホルムオリンピックへの参加が、「世界の一等国」=(文明国)と肩を並べた瞬間だった、という視点からの考察です。
キーワード 思想史・文明・比較文化

学歴

1983年3月東京大学 文学部 フランス語フランス文学専修課程 卒業
1985年3月東京大学 大学院総合文化研究科比較文学比較文化専攻修士課程 修了
1991年6月シカゴ大学 大学院歴史学部 博士課程(東アジア専攻) 修了
1993年3月東京大学 大学院総合文化研究科比較文学比較文化専攻博士課程単位取得 退学

職歴

1989年9月カナダ アルバータ大学 文学部東アジア言語文学科 客員助教授
1992年4月和洋女子大学 文家政学部 非常勤講師
1992年4月東京女子大学 現代文化学部 非常勤講師
1993年4月和洋女子大学 文家政学部 非常勤講師
1993年4月東京大学 教養学部 非常勤講師
1996年4月明星大学 青梅校 専任講師
2000年4月明星大学 青梅校 助教授
2005年3月国際日本文化研究センター 助教授
2007年8月国際日本文化研究センター 教授

学位

2003年5月東京大学 博士(学術)

研究テーマ(ムービー版)

主要業績

単著書

『「戦争責任」論の真実-戦後日本の知的怠慢を断ず-』、PHP研究所、京都、2006年
『「勝者の裁き」に向きあって―東京裁判をよみなおす』 ちくま新書、筑摩書房、東京、2004年3月10日
『「文明の裁き」をこえて―対日戦犯裁判読解の試み―』 中公叢書、中央公論新社、東京、2001年

受賞

2008年 第2回重光葵賞
2001年 第10回山本七平賞

所属学会

国際比較文学会
日本比較文学会
東大比較文学会
比較文明学会

ページトップへ