専任教員

写真
坪井 秀人
専門分野 日本近代文学・文化史
研究テーマ 日本近代文化における身体政治、感覚表象
キーワード 近代、文学、文化史、身体政治

学歴

1982年月名古屋大学 文学部 卒業
1984年月名古屋大学 大学院文学研究科博士前期課程 修了
1987年月名古屋大学 大学院文学研究科博士後期課程 退学

職歴

1987年月金沢美術工芸大学 講師
1991年月金沢美術工芸大学 助教授
1992年月ウィーン大学 客員研究員
1995年月名古屋大学 情報文化学部 助教授
1998年月名古屋大学 情報文化学部 教授
2000年月モントリオール大学 客員研究員
2003年月チューリヒ大学 客員研究員
2003年月名古屋大学大学院 文学研究科 教授
2008年月名古屋大学 文学研究科附属日本近現代文化研究センター長(−2010年3月)
2011年月ライプツィヒ大学 客員研究員
2013年月名古屋大学 文学研究科付属「アジアの中の日本文化」研究センター長(−2014年3月)
2014年4月国際日本文化研究センター 教授

学位

1990年1月名古屋大学 文学博士

主要業績

単著書

『性が語る 20世紀日本文学の性と身体』、名古屋大学出版会、2012年2月12日
『声の祝祭──日本近代詩と戦争──』、名古屋大学出版会、1997年8月31日

共著書

(分担執筆) 伊豫谷登士翁・平田由美編 『「帰郷」の物語/「移動」の語り 戦後日本におけるポストコロニアルの想像力』、平凡社、2014年1月22日
(分担執筆) 『コレクション戦争と文学』 別巻 典 〈戦争と文学〉案内、集英社、2013年9月
(編集) 『ラジオ放送局』 コレクション・モダン都市文化32、ゆまに書房、2008年1月

単独論文

「二十世紀日本語詩を思い出す」 『現代詩手帖』 第58巻4-第59巻、①108-116、②152-163、③147-155、④188-197、⑤182-189、⑥136-144、⑦148-157、⑧138-147、 ⑨138-144、 ⑩136-142、 ⑪136-143、 ⑫132-138、 ⑬148-156、⑭150-157、⑮182-189、 ⑯194-203、 ⑰150-157、 (連載①〜、2015年4月〜継続中)、思潮社、2016年10月
「柵の中で──日系人強制収容所の中の書記空間」 『JunCture』 5号、2015年4月
「モダニズムのなかの〈和歌歌曲〉──山田耕筰、ストラヴィンスキーそのほか」 『JunCture』 5、2014年3月28日
「〈遠さ〉あるいはアウラの向う側へ──前期『月に吠える』の詩の風景」 『比較文學研究』、東京大学比較文学会、2013年10月31日
“The Crossroads of East Asian Modernism --Yi Sang's Literature and the Literature of Japan in his Age,” SAI 5, International Association of Korean Literary and Cultural Studies, 28 November 2008.
“Voraussetzungen zur kritischen Auseinandersetzung mit Kriegsgedichten der japanischen Moderne,” Journal of the School of Letters, Nagoya University, Japan, March 2005.

外部資金獲得

2014年4月     科学研究費補助金 (〜2017年3月31日予定)
2011年4月28日
    〜2014年3月31日    
科学研究費補助金
2004年4月1日
    〜2006年3月31日    
科学研究費補助金
1996年4月1日
    〜1997年3月31日    
科学研究費補助金

受賞

2013年4月19日 鮎川信夫現代詩顕彰会 第4回鮎川信夫賞
2006年3月17日 山梨県・山梨県立文学館 第14回やまなし文学賞
1998年 日本比較文学会 日本比較文学会50周年記念大賞

ページトップへ