研究者

ホーム > 研究者 > 古川 綾子 (専任教員)

専任教員

古川 綾子

古川 綾子

  • 専門分野
    日本芸能史
  • 研究テーマ
    上方演芸(漫才・落語等)と上方喜劇(曽我廼家劇・松竹新喜劇・吉本新喜劇)の近現代史及び関係資料デジタルアーカイブ。日文研所蔵の浪曲SPレコード約1万4千枚のデジタルアーカイブを担当しています。
  • キーワード
    上方演芸 落語 漫才 講談 浪曲 色物 上方喜劇
学歴
  • 1997年3月
    立命館大学 大学院文学研究科修士課程 修了
  • 2006年3月
    大阪大学大学院 博士課程単位取得 退学
職歴
  • 2001年4月
    大阪府立上方演芸資料館 学芸員
  • 2005年9月
    近畿大学 文芸学部 非常勤講師
  • 2015年4月
    大阪商業大学 非常勤講師
  • 2015年10月
    国際日本文化研究センター 特任助教
  • 2018年4月
    国際日本文化研究センター 助教
学位
  • 1997年3月
    立命館大学大学院 修士(文学)
主要業績
全業績を表示
単著書
  • 『上方芸人自分史秘録』、日本経済新聞出版社、2011年8月
共著書
  • 『追悼文大全』、三省堂、2016年4月
  • 『書評大全』、三省堂、2014年4月
単独論文
  • 「桂文左衛門の転向 明治期の大阪落語の変容過程」 『藝能史研究』 第147号、藝能史研究会、1999年3月
  • 「明治期の大阪落語に関する一考察 一九〇四年の改良運動をめぐって」 『日本学報』 第18号、大阪大学、1999年1月
その他執筆
  • 「[連載] 芸人わたく史列伝」 『月刊誌「大阪人」』、2006年10月
  • 「[連載: 歴史コラム] お笑い玉手箱」 『産経新聞』、2005年10月
  • 「[連載: 舞台批評] 演芸」 『読売新聞』、2005年4月
  • 「[連載: 舞台批評] 演芸」 『朝日新聞』、2003年5月
  • 「[連載: テレビ番組批評] 観覧者・放送」 『朝日新聞』、2001年4月