客員研究員

三澤 真美恵
専門分野 台湾近現代史、中国語圏映画史
研究テーマ 視聴覚メディアと国民統合
キーワード 映画、歴史、国民統合、植民地主義

学歴

2004年3月東京大学大学院 総合文化研究科地域文化研究専攻博士後期課程 単位取得退学

職歴

2004年4月早稲田大学演劇博物館21世紀COE事業 客員研究助手
2005年4月日本大学文理学部中国語中国文化学科 准教授
2011年4月日本大学文理学部中国語中国文化学科 教授
2016年4月国際日本文化研究センター 客員教授

学位

1999年6月台湾大学歴史学研究所 歴史学修士
2006年3月東京大学大学院総合文化研究科地域文化研究専攻 学術博士

主要業績

単著書

『在「帝國」與「祖國」的夾縫間──日治時期臺灣電影人的交涉和跨境』 李文卿・許時嘉訳、台湾大学出版中心、台北、405頁、2012年4月
『「帝国」と「祖国」のはざま――植民地期台湾映画人の交渉と越境』、岩波書店、東京、372頁、2010年8月
『殖民地下的<銀幕>――台灣総督府電影政策之研究(1895―1942年)』、前衛出版社、台北、470頁、2001年10月

共著書

三澤真美恵・川島真・佐藤卓己編著 『電波・電影・電視――現代東アジアの連鎖するメディア』、青弓社、東京、2012年10月

単独論文

「戦後台湾の映画館における国歌フィルム上映プログラムの確立」 『日本台湾学会報』 18号、2016年8月、pp.63-85
“La réception du cinéma à Taiwan sous domination coloniale japonaise : une « assimilation par confrontation », traduit par A. Nanta et L.Nespoulous,” Ebisu-Études japonaises 53, 2016.
「国立台湾歴史博物館所蔵『植民地期台湾映画フィルム史料』の特徴」 『メディア史研究』 38号、2015年9月、pp.21-46
“Colony, Empire,and De-colonization in Taiwanese Film History,” International Journal of Korean History 19:2, 2014, pp.35-70.
“Aliénation ou acculturation coloniale ? Taiwan et l''énigme" d'un succès : le festival du Film japonais de Taipei (1960),” Cipango - cahiers d'études japonaises 19, 2013.

ページトップへ