客員研究員

長田 俊樹
専門分野 言語学、南アジア研究
研究テーマ 日本言語学史
キーワード

学歴

1990年6月ラーンチー大学(インド) 部族地域言語学科 博士課程修了

職歴

2012年10月総合地球環境学研究所 名誉教授
2016年4月国際日本文化研究センター 客員教授

学位

1991年7月ラーンチー大学 哲学博士

主要業績

単著書

『インダス文明の謎-古代文明神話を見直す』 学術新書、京都大学学術出版会、2013年10月
『新インド学』 角川叢書、角川書店、2002年11月
『ムンダ人の農耕儀礼:アジア比較稲作文化論序説―インド・東南アジア・日本―』 日文研叢書 21、国際日本文化研究センター、2000年9月
『ムンダ人の農耕文化と食事文化:民族言語学的考察――インド文化・稲作文化・照葉樹林文化』 日文研叢書 8、国際日本文化研究センター、1995年3月

共著書

(共編) アレキサンダー・ボビン、長田俊樹 『日本語系統論の現在』 日文研叢書 31、国際日本文化研究センター、2003年12月

ページトップへ