HOME>研究者一覧>エルナンデス エルナンデス アルバロ ダビド  (プロジェクト研究員)

公的研究費の不正使用防止等に関する取組み

プロジェクト研究員

写真
エルナンデス エルナンデス アルバロ ダビド 
専門分野 文化社会学、日本アニメと漫画ファン研究、大衆文化研究
研究テーマ
キーワード メキシコ漫画、日本漫画比較研究

職歴

2015年4月関西学院大学 非常勤講師
2016年10月国際日本文化研究センター プロジェクト研究員

学位

2016年3月神戸大学 博士

主要業績

単独論文

「教育イストリエタの歴史の描き方――一九五〇~七〇年代におけるメキシコ文化マーケットを中心に」 『(大塚英志編)動員のメディアミックス―“創作する大衆”の戦時下・戦後』、思文閣出版、2017年、pp.280-318
“The Japanese Amateur Textual Production Scene : Activities and Participation in Dōjin Cultures.,” Revista Gremium 3:SI 1, Mexico City, 2016, pp.23-32.
「(江燕楠訳) 第4章 日本动漫产业与“酷日本”政策」 『文化部外联局、北京大学文化产业研究院「中国对外文化贸易年度报告(2014)」』 第1版、北京大学出版社、北京、2014年、pp.366-374
「メキシコの日本アニメファンダム-神話と儀礼によるファンコミュニティの形成」 『(谷川 建司・須藤 遙子・秋 菊姫・王 向華編)コンテンツ化する東アジア: 大衆文化/メディア/アイデンティティ』、青弓社、2012年、pp.251-280

共同論文

Hernandez, A. D. H., & Hirai, T. “The reception of Japanese animation and its determinants in Taiwan, South Korea and China.,” Animation 10:2, SAGE, 2015, pp.154-169.

その他執筆

「メキシコマンガとメキシコの大衆文化における美的なナショナリズム」 『(大塚英志編)TOBIO Critiques ♯2』 2、太田出版、2016年4月27日、pp.180-191

ページトップへ