HOME>研究者一覧>バート ウィンザー-タマキ (外国人研究員)

公的研究費の不正使用防止等に関する取組み

外国人研究員

写真
バート ウィンザー-タマキ
専門分野 近代日本アート・デザイン史、アートとグローバリゼーション、日本アートと世界の交差、 アジア系アメリカ人によるアート
研究テーマ 近代日本の陶芸、写真とインスタレーション・アートにおける土の美
キーワード

職歴

2011年7月カリフォルニア大学アーバイン校 教授
2015年9月ゲティ研究所 招聘研究員
2017年1月国際日本文化研究センター 外国人研究員

学位

1992年10月ニューヨーク大学 美術研究所 博士

主要業績

単著書

Maximum Embodiment: Yōga, the “Western Painting” of Japan, 1910-1955., University of Hawai'i Press, 2012.

単独論文

“Japanese Modernist Artists and Designers at Expo 67 in Montreal,” Japan/America: Points of Contact, 1876-1970 (edit. by Nancy E. Green and Christopher Reed), Herbert F. Johnson Art Museum, Cornell University (Ithaca, NY), 2016.
“The Ligneous Aesthetic of Postwar Sōsaku Hanga (‘Creative Prints’) and American Perspectives on the Modern Japanese Culture of Wood,” Archives of Asian Art 66:2, University of Hawai'i Press, 2016.
“Six Episodes of Convergence Between Indian, Japanese, and Mexican Art from the Late Nineteenth Century to the Present,” Review of Japanese Culture and Society 26, Josai University, 2014.
“Kitagawa Tamiji: Painting in Pursuit of Pigmented Knowledge of Self and Other,” Archives of Asian Art 63:2, University of Hawai'i Press, 2013.

ページトップへ