HOME>研究者一覧>メーガン ジョーンズ (外来研究員)

公的研究費の不正使用防止等に関する取組み

外来研究員

写真
メーガン ジョーンズ
専門分野 日本の近代美術史、陶芸史、工芸理論
研究テーマ 茶碗:日本から世界へ
キーワード 近代性、文化生産、グローバルな文化的フロー、陶器の存在論

職歴

2014年8月アルフレッド大学 美術史 助教授
2017年1月国際日本文化研究センター 国際交流基金フェロー

学位

2014年1月ボストン大学 博士

主要業績

単独論文

“An Orthodoxy of Praxis: Janet Leach and the Ethos of Tamba Ceramics,” in Ezra Shales, ed., O Pioneers! Women Ceramic Artists, 1925–1960, Alfred Ceramic Art Museum, 2015.
“Tomimoto Kenkichi and the Discourse of Modern Japanese Ceramics,” PhD dissertation, Boston University, 2014.
「アメリカにおける日本近代陶芸の概念形成—浜田と魯山人の優位性」 『現代の眼』 575、2009年
“Mit dem Auge des Ego den Tom im Visier: Japanische Keramik des 20.Jahrhunderts und das Individuum,” Stephan von der Schulenburg, ed. Faszination Keramik: Moderne japanische Meisterwerke in Ton aus der Sammlung Gisela Freudenberg, Museum für Angewandte Kunst, 2005.

ページトップへ