客員研究員

写真
永崎 研宣
専門分野 人文情報学、仏教学
研究テーマ デジタル環境下での仏教学のエコシステム、人文学におけるデジタル技術の応用に関する基礎的研究
キーワード デジタル・ヒューマニティーズ、デジタル・アーカイブ、仏教学、TEI、IIIF、Unicode

学歴

2000年3月筑波大学大学院博士課程 哲学・思想研究科 単位取得退学

職歴

2000年4月東京外国語大学 アジア・アフリカ言語文化研究所 中核的研究機関(COE)研究員
2001年10月山口県立大学 国際文化学部国際文化学科 講師
2006年4月山口県立大学 情報化推進室 助教授
2010年3月人文情報学研究所 主席研究員
2017年4月国際日本文化研究センター 客員准教授

学位

2014年9月関西大学 博士(文化交渉学)

主要業績

共著書

末木文美士編 『新アジア仏教史15 日本V 現代仏教の可能性』 「大蔵経の歴史と現在」、佼成出版社、2011年3月

単独論文

「仏教文献のための構造的なデジタルテクストの記述と活用」 『印度学仏教学研究』 第63巻第2号、2015年3月、pp.1088-1094

共同論文

永崎研宣, 楊暁捷, 北﨑勇帆 “日本古典籍データセットを活用した共同翻刻システムとIIIFの可能性,” January 2017, pp.1-5.
永崎 研宣 , 苫米地 等流 , A.Charles Muller , 下田 正弘 「持続可能なデジタルアーカイブに向けて―SAT 大蔵経データベースにおける取り組みを通じて」 『じんもんこん2015論文集』、2015年12月、pp.219-224
Kiyonori Nagasaki, Toru Tomabechi and Masahiro Shimoda 「Towards a Digital Research Environment for Buddhist Studies」 『Literary and Linguistic Computing』 (2013) 28(2)、Oxford University Press、2013年、pp.296-300

ページトップへ