機関研究員

写真
稲垣 智恵
専門分野 中国語学
研究テーマ
キーワード 欧化語法、新興語法、言語接触

職歴

2009年4月関西大学 G-COEリサーチアシスタント
2012年4月近畿大学経営学部 非常勤講師
2012年4月京都外国語大学 非常勤講師
2012年4月関西大学 非常勤講師
2013年1月関西大学大学院東アジア文化研究科 ポストドクトラルフェロー
2014年4月関西大学東西学術研究所 非常勤研究員
2017年4月国際日本文化研究センター 機関研究員

学位

2012年3月関西大学大学院 博士(文化交渉学)

主要業績

単独論文

「新興語法“V着”に関して――《二十年目睹之怪現狀》の例を中心に」 『東西学術研究所紀要 』 第50輯、関西大学、吹田市、2017年、pp.143-161
「“定語+人称代名詞”構造は『欧化文法』か否か」 『中国語研究』 第55号、白帝社、東京都、2013年、pp.51-76
「万葉集における人称代名詞の連体修飾について―中国語欧化文法を考える一視点」 『或問』 第23号、白帝社、東京都、2013年、pp.55-78
「『経験義』を表す“过”について―新興語法の観点から」 『東アジア文化交渉研究』 別冊第7号 言語の接触と変容―中国語の近代的変化と外国語―、関西大学、吹田市、2010年、pp.151-186
「近代日中における接尾辞『的』の受容」 『東アジア文化交渉研究』 3号、関西大学、吹田市、2009年、pp.279-299

学会・シンポジウム・講演会

(学会, 発表者) 「关于新兴语法中的“V着”」、汉语教材史国际学术研讨会、世界汉语教育史研究学会第八届年会、汉语教材史国际学术研讨会、中国広州、2016年
(研究会, 発表者) 「北京官話全編に於ける“V着”の用法に関して」、東西学術研究所言語接触研究班研究例会―『北京官話全編』をめぐって、東西学術研究所、大阪府吹田市、2016年
(学会, 発表者) “Translation and the Introduction of Modern Thought to China: The Role of Lu Xun,” The World Association Conference, The World Association Conference, 中国北京, 2011.
(学会, 発表者) 「定語が人称代詞を修飾する構造について―日中言語接触の観点から」、日本中国語学会 第61回大会、日本中国語学会、愛媛県松山市、2011年
(学会, 発表者) 「魯迅作品に見る完結・経験をあらわす“过”の使用について―『新興語法』の観点から」、中国近世語学会秋季研究集会、中国近世語学会、東京都、2010年

所属学会

2016年9月〜 世界漢語教育史研究学会
2011年4月〜 日本中国語学会
2011年4月〜2012年3月 The World Association Conference
2009年4月〜 中国近世語学会
2007年4月〜 関西大学中国文学会

ページトップへ