写真
ジョン ロブレグリオ
専門分野 日本宗教史
研究テーマ 大戦間の宗教界と欧米の帝国主義
キーワード 近代仏教・ポストコロニアル理論

職歴

2006年9月オックスフォード大学オリエンタル・インスティチュート 非常勤講師
2007年9月オックスフォード・ブルックス大学 助教授
2017年6月国際日本文化研究センター 外国人来訪研究員

学位

1986年月ヴァッサーカレッジ 卒業
1990年12月カリフォルニア大学・サンタバーバラ 修士号取得
1995年5月カリフォルニア大学・サンタバーバラ 博士課程修了

主要業績

共著書

(co-author) Asia after Versailles: Asian Perspectives on the Paris Peace Conference and the Interwar Order, 1919-1933, Edinburgh University Press, Edinburgh, 2017.
(co-author) Religious Dynamics in the Age of Imperialism and Colonialism, Brill Publishers, Leiden, 2016.
(共著) 『EUとイスラームの宗教伝統は共存できるか――「ムハンマドの風刺画」事件の本質』、東京、明石書店、2007年

単独論文

“Orthodox, Heterodox, Heretical: Defining Doctrinal Boundaries in Meiji-period Soto Zen,” Bochumer Jahrbuch zur Ostasienforschung (Bochum Yearbook of East Asian Studies) 33, 2009, pp.77-102.
“Uniting Buddhism: The Varieties of Tsūbukkyo,” The Eastern Buddhist 1:2, 2005, pp.39-76.

ページトップへ