研究者

ホーム > 研究者 > 河原 梓水 (外来研究員)

外来研究員

河原 梓水

河原 梓水

  • 専門分野
    日本近現代史、日本近現代文化史、セクシュアリティ
  • 研究テーマ
    近代日本におけるサドマゾヒズムの歴史的・思想史的研究
  • キーワード
    サドマゾヒズム、奇譚クラブ、生活記録運動、近代化論
職歴
  • 2011年4月
    立命館大学 日本学術振興会特別研究員DC2
  • 2012年9月
    立命館大学 日本学術振興会特別研究員PD
  • 2015年4月
    立命館大学 衣笠総合研究機構専門研究員
  • 2017年4月
    国際日本文化研究センター 日本学術振興会研究員
学位
  • 2012年9月
    立命館大学 博士
主要業績
単独論文
  • 「吾妻新と沼正三におけるズボン・スラックス論争―1950年代『奇譚クラブ』における日本的サディズムの萌芽―」 『年報カルチュラル・スタディーズ』 4、カルチュラル・スタディーズ学会、東京、2017年、pp.185-205
  • 「村上信彦の『奇譚クラブ』における匿名テキストを解読する―戦後の民主的平等論者の分身について―」 『立命館文学』 647、立命館大学人文学会、京都、2017年、pp.40-62
  • 「病から遊戯へ―吾妻新の新しいサディズム論―」 『井上章一・三橋順子編「性欲の研究 東京のエロ地理編」』、平凡社、東京、2015年、pp.262-269
  • 「九世紀における蝦夷の宮廷儀式参加とその意義」 『立命館文学』 624、立命館大学人文学会、京都、2012年、pp.53-63
  • 「蝦夷・俘囚への叙位―蝦夷爵制の再検討を中心に―」 『日本史研究』 589、日本史研究会、京都、2011年、pp.42-59