外来研究員

写真
ロバート ヘリヤー
専門分野 近世、近代日本史
研究テーマ 万国博覧会における日本茶のマーケティング:1876-1940年
キーワード グローバルな貿易、消費、市場の需要、社会経済史的考察、茶

職歴

2001年7月アレゲニー カレッジ (米国) 助教授
2005年7月ウェイク・フォレスト大学 (米国) 歴史学科 助教授
2011年月ウェイク・フォレスト大学 (米国) 歴史学科 准教授
2017年7月国際日本文化研究センター 外国人来訪研究員

学位

2001年6月スタンフォード大学 博士

主要業績

単著書

Defining Engagement: Japan and Global Contexts, 1640-1868, Harvard University Asia Center, 300 pages, 2009.
(『対外関係の定義:近世日本をめぐる世界環境』、ハーバード大学アジアセンター 、300頁、2009年)

単独論文

“Quality as a Moving Target: Japanese Tea, Consumer Preference, and Federal Regulation on the US Marke,” in Kazuko Furuta and Linda Grove eds., Imitation, Counterfeiting and the Quality of Goods in Modern Asian History, Springer, August 2017.
(「品質を標的に:アメリカ市場の日本茶と消費者嗜好に関する連邦政府の取り締まり」 『(古田和子、リンダ・グローブ編)近代アジア史におけるにせもの・まがいものと物の質』、スプリンガー出版、2017年8月)
“On the Dining Car, in the Station Restaurant, and from the Platform Peddler: Tea on Railways in the United States and Japan, 1860-1960,” in Jean-Pierre Williot, ed. Railway Catering Between Imaginary and Consumption: Consumers, Images and Markets, Peter Lang, 2017, pp.267-282.
(「食堂車、駅中レストランとプラットホームの売り子たち:1860年から1960年までの日米に見る鉄道と茶の文化」 『(ジーンピエール・ウィリオット編)想定と消費の間における鉄道内の飲食:消費者、写真、市場』、ピーター・ラン出版社、2017年、pp.267-282)
「中国から学び、西洋に売り込む―文明開化における中国のノウハウ」 『海外シンポジウム報告書』、国際日本文化研究センター、2016年、pp.129-136
“1874: Tea and Japan’s New Trading Regime,” in Helen Siu, Peter Perdue, and Eric Tagliacozzo eds., Asia Inside Out: Trading Empires of the South China Coast, South Asia, & the Gulf Region Volume 1: Critical Times, Harvard Univ. Press, 2015, pp.186-206.
(「1874年:茶をめぐる日本の新通商体制」 『(ヘレン・シュー、ピーター・パードュー、エリック・タグリアコッゾ編)アジア裏返し:南シナ海岸・南アジア・湾岸地域の通商帝国:第一巻 危機時代』、ハーバード大学出版会、2015年、pp.186-206)
“Mid Nineteenth-Century Nagasaki: Western and Japanese Merchant Communities within Commercial and Political Transitions,” in Yuju Lin and Madeleine Zelin, eds., Merchant Communities in Asia, 1600-1980, Pickering and Chatto, 2014, pp.159-176.
(「商業的・政治的変遷期の19世紀半ばの長崎に在住した西洋商人と日本商人のコミュニティー」 『(ユジュ・リン、マデレーン・ゼリン編)1600年から1980年のアジアにおける商人のコミュニティー』、ピッカリング・チャトー出版社、2014年、pp.159-176)

ページトップへ