外国人研究員

写真
潘 世聖
専門分野 日本近代文学、中国近代文学、中日比較文学
研究テーマ 戦前期日本における中国人留学生編集の雑誌に関するメディア論的研究―その雑誌細目作成および東アジア出版文化史への位置づけ
キーワード 留日学生雑誌、政治、翻訳、民族主義、近代民族国家、革命、魯迅、弘文学院、明治日本

職歴

2004年4月九州大学言語文化研究院 外国人教師
2006年4月華東師範大学外国語学部日文系 教授
2017年9月国際日本文化研究センター 外国人研究員

学位

2000年12月九州大学 博士(比較社会文化)

主要業績

単著書

『魯迅・明治日本・漱石―影響と構造への総合的比較研究』、汲古書院、東京、340頁、2002年

共著書

(共著) 松本恒彦・波潟剛編 『近現代文学と東アジア――教育と研究の多様性に向けて』、花書院、福岡、2016年
(共著) 張競編 『現代中国の文化』、明石書店、東京、2005年

単独論文

「“近代国家”構想与“民主主義”及“革命”志向――1900年代留日学生雑誌考察之三」 『貴州師範大学学報』 2017年第3期、貴州師範大学、貴陽、2017年、pp.111-121
「郭沫若与日本的“近”及“遠”―郭沫若之“日本言説”再考」 『郭沫若研究』 2017年第1輯、社会科学文献出版社、北京、2017年、pp.108-121
「“新知”與“革命”言説的世紀井噴――1900年代留日学生雑誌論考」 『済南大学学報』 2016年第5期、済南大学、済南、2016年、pp.64-70
「翻訳的“政治”――1900年代留日学生雑誌與“輸入文明学説”」 『済南大学学報』 2016年第6期 、済南大学、済南、2016年、pp.62-68

ページトップへ