専任教員

写真
吉江 弘和
専門分野 近現代日本史
研究テーマ 御真影(ごしんえい)と呼ばれる天皇の肖像画・写真が近代日本の学校教育と社会で果たした役割を研究しています。その一枚の紙のためにあるいは歓喜し、あるいは怒り、あるいは死を賭した人々を分析・統合することで、どのようにして人はある特定の物に価値を見出すのかという問いに向き合おうとしています。
キーワード 地域社会、学校教育、総力戦体制、天皇制史観

学歴

2017年5月ハーバード大学大学院 東アジア研究科 博士課程修了

職歴

2012年8月ハーバード大学 助手
2015年4月法政大学 非常勤講師
2015年6月昭和女子大学 非常勤講師
2017年5月ハーバード大学 研究員
2017年10月国際日本文化研究センター 海外研究交流室 助教

学位

2010年3月上智大学 学士
2017年5月ハーバード大学 博士

主要業績

単独論文

“Writing Ashida Enosuke out: A Social History of the ‘Voluntary Composition Dispute’ (zuii sendai ronsō) in Japan, 1918 to 1923,” Educational Studies in Japan, Japanese Educational Research Association, March 2016.

学会・シンポジウム・講演会

“Emperor Meiji and Kindergarten Pupils in 2017,” First Friday Talk, The Department of East Asian Languages and Civilizations, Harvard University, Cambridge, Massachusetts, USA, April 2017.
“The Power and Authority of the Emperor’s Portrait at Elementary School in Japan between 1890 and 1945,” International Conference of Historians of Asia, Universiti Utara Malaysia, Alor Setar, Malaysia, April 2017.
“Composition Education between 1918 and 1923 & the Pre-War State’s Collectivist Ideology Re-visited,” Annual Meeting of Asian Studies Conference Japan, Oberlin College, Asian Studies Conference Japan, Tokyo, Japan, June 2013.
“Writing Un-professionalism out of Primary School: The Mystery of the Pedagogical Debate on the Subject of Composition and Emperor Ideology (or, lack thereof) between 1905 and 1925,” Association of Asian Studies Annual Conference, San Diego, Association of Asian Studies, San Diego, US, March 2013.

ページトップへ