専任教員

写真
白石 恵理
専門分野 日本美術史(近世)
研究テーマ 松前藩の家老で画人でもあった蠣崎波響の代表作である「夷酋列像」と、江戸時代後期の文芸ネットワークについて研究しています。また、「夷酋列像」の原本がフランスに渡った経緯についても関心を深めています。
キーワード 「夷酋列像」、蠣崎波響、松前藩、蝦夷、アイヌ、南蘋派、博物画、洋風画、木村蒹葭堂

学歴

1998年12月ロンドン大学東洋アフリカ研究学院(SOAS) 美術史・考古学研究科 修士課程 修了
2005年3月北海道大学大学院 文学研究科哲学専攻 博士課程単位取得 退学

職歴

1985年4月(株)パブリックセンター(札幌市、広告代理店)
1992年4月フリーランスライター
2002年8月アマゾンジャパン株式会社
2005年4月(株)情報工房(京都市、広報企画制作会社)
2009年4月国際日本文化研究センター 出版編集プロジェクト員
2016年9月京都大学人文科学研究所 教務補佐員
2017年10月国際日本文化研究センター 総合情報発信室 助教

学位

1998年12月ロンドン大学東洋アフリカ研究学院(SOAS) M.A.

主要業績

共著書

(共編) 郭南燕・白石恵理 『世界の日本研究2015―「日本研究」を通じて人文科学を考える』、国際日本文化研究センター、2016年

単独論文

「蠣崎波響の絵画資料―画稿にみる同時代画人との交流―」 『鹿島美術研究』 年報第20号別冊、2003年11月
「蠣崎波響画業考―円山四条派の受容をめぐって―」 『北海道大学大学院文学研究科研究論集』 創刊号、2001年12月
「開拓使の絵師・船越長善とその作品について」 『北海道大学農学部博物館の絵画』 北海道大学文学研究科平成12年度プロジェクト研究報告書、2001年3月

ページトップへ