研究者

ホーム > 研究者 > ディック・ステゲウェルンス (外国人研究員)

外国人研究員

ディック・ステゲウェルンス

ディック・ステゲウェルンス

  • 専門分野
    日本近現代歴史・思想史・国際関係史、日本映画史、日本酒の近現代史
  • 研究テーマ
    東西文明論 ― 日本を東西の中間地として、懸け橋という特殊な使命を与える言説の分析
  • キーワード
    東洋、西洋、文明、日本人論、唯一性、使命、橋渡し役
職歴
  • 2000年4月
    大阪産業大学 准教授
  • 2005年1月
    京都大学 非常勤講師
  • 2007年8月
    ノルウェー国立オスロ大学 准教授
  • 2017年8月
    国際日本文化研究センター 外国人研究員
学位
  • 2007年6月
    オランダ国立ライデン大学 文学博士
主要業績
単著書
  • 『新世界への調整 - 大正世代知識人の対外認識、1918年ー1932年』、東京大学出版会、東京、600頁、2018年
  • Yoshida Kijū – Fifty Years of Avant-Garde Filmmaking in Postwar Japan, Norwegian Film Institute, Oslo, 150 pages, 2010
  • Nationalism and Internationalism in Imperial Japan - Autonomy, Asian Brotherhood, or World Citizenship?, RoutledgeCurzon Press, London, 250 pages, 2003
共著書
  • (co-author) Barak Kushner, ed. The Cinematic Reconstruction of East Asia, 1945-1965 – Depiction of the National Self and the Asian Other in Postwar Japanese War Films, University of Hong Kong Press, Hong Kong, 2018
  • (co-author) Nancy Stalker, ed. The Three Waves and Ways of Sake Appreciation in the West, Oxford University Press, Oxford, 2018
  • (co-author) Andreas Niehaus & Tine Walravens, eds Deconstructing Kokushu – The promotion of Japan’s ‘National Alcoholic Drink’ in Times of Crisis in the Sake Industry, Palgrave Macmillan, London, 2017
  • (co-author) Kurt Almqvist, ed. From Chinese World Order to Japan's Modern Mindset – Japanese Views of the Outside World from the Early Modern Period until the Present Day, Axel and Margaret Ax:son Johnson Foundation, Stockholm, 2017
  • (co-author) Timothy Tsu, Sandra Wilson & King-fai Tam, eds Establishing the Genre of the Revisionist War Film – The Shin-Tōhō Body of Post-Occupation War Films, Routledge, London, 2015
単独論文
  • 「修正主義的戦争映画の確立―占領期後の新東宝映画」 『海外シンポジウム』 2014号、日文研、京都市、2016年
  • 「吉野作造 – 大正世代の孤立した指導者」 『吉野作造記念館研究紀要』 3号、吉野作造記念館、古川市、2006年
  • “The Physical and Mental Criteria of Japanese Identity – Can Foreigners Make an Authentic Japanese Movie?,” Observing Japan from Within 2004, International Research Center for Japanese Studies, Kyoto, 2004