研究者

ホーム > 研究者 > セシル・ラリ (外来研究員)

外来研究員

セシル・ラリ

セシル・ラリ

  • 専門分野
    美術史
  • 研究テーマ
    現代における伝統的な和凧 ―「芸術化」と「国家遺産化」―
  • キーワード
    凧、伝統、博物館、芸術化、国家遺産化
職歴
  • 2015年9月
    国際日本文化研究センター 外来研究員
  • 2017年5月
    CREOPS (パリ・ソルボンヌ大学) 客員研究員
  • 2017年10月
    国際日本文化研究センター 日本学術振興会研究員
学位
  • 2011年12月
    パリ・ソルボンヌ大学 博士
主要業績
単独論文
  • “Du ciel au musée. Activités des amateurs de cerfs-volants dans le Japon des années 1960-70,” Asie 2017, CREOPS (Paris-Sorbonne University), Paris, 2017
  • “The French Society of Japanese Studies,” Japanese Studies around the world 20, 国際日本文化研究センター, 京都, 2017, pp.136-138
  • “Multifaceted Portraits of Tokyo in Contemporary Photobooks,” Paper Cities: Urban Portrait in Photographic Books, Ed. Leuven University Press, Leuven, 2016, pp.131-149
  • 「フランスからの手紙 和凧の調査:1年間の夢の仕事」 『日本の凧の会の会報』 92号、日本の凧の会、東京、2016年、pp.25-27
  • 「空から博物館へ -一九六〇〜七〇年代の凧の愛好者の活動-」 『日文研』 57号、国際日本文化研究センター、京都、2016年、pp.29-35