外来研究員

写真
セシル ラリ
専門分野 美術史
研究テーマ 現代における伝統的な和凧 ―「芸術化」と「国家遺産化」―
キーワード 凧、伝統、博物館、芸術化、国家遺産化

職歴

2015年9月国際日本文化研究センター 外来研究員
2017年5月CREOPS (パリ・ソルボンヌ大学) 客員研究員
2017年10月国際日本文化研究センター 日本学術振興会研究員

学位

2011年12月パリ・ソルボンヌ大学 博士

主要業績

単独論文

“Du ciel au musée. Activités des amateurs de cerfs-volants dans le Japon des années 1960-70,” Asie 2017, CREOPS (Paris-Sorbonne University), Paris, 2017.
“The French Society of Japanese Studies,” Japanese Studies around the world 20, 国際日本文化研究センター, 京都, 2017, pp.136-138.
“Multifaceted Portraits of Tokyo in Contemporary Photobooks,” Paper Cities: Urban Portrait in Photographic Books, Ed. Leuven University Press, Leuven, 2016, pp.131-149.
「フランスからの手紙 和凧の調査:1年間の夢の仕事」 『日本の凧の会の会報』 92号、日本の凧の会、東京、2016年、pp.25-27
「空から博物館へ -一九六〇〜七〇年代の凧の愛好者の活動-」 『日文研』 57号、国際日本文化研究センター、京都、2016年、pp.29-35

ページトップへ