研究者

ホーム > 研究者 > 小田 龍哉 (機関研究員)

機関研究員

小田 龍哉

小田 龍哉

  • 専門分野
    思想史
  • 研究テーマ
  • キーワード
    南方熊楠、真言密教、近代仏教
学歴
  • 2018年3月
    同志社大学 大学院文学研究科 博士
職歴
  • 2005年9月
    カタリストラボ有限会社 副社長
  • 2018年4月
    国際日本文化研究センター 機関研究員
学位
  • 2018年3月
    同志社大学 博士
主要業績
全業績を表示
共著書
  • (共著) 鈴木岩弓・磯前順一・佐藤弘夫編 『〈死者/生者〉論──傾聴・鎮魂・翻訳』、ぺりかん社、東京、2018年
単独論文
  • 「自由へのニューロマンス──仏教と恋と熊楠」 『ビオシティ』 70号、ブックエンド、東京、2017年、pp.98-105
  • 「土宜法龍と『事』ども──真言教学からの『事の学』再検討のこころみ」 『熊楠研究』 10号、南方熊楠研究会、田辺、2016年、pp.153-183
  • 「文化的共犯について──『京都における歴史学の誕生』を読む」 『文化史学』 72号、文化史学会、京都、2016年、pp.119-136
  • 「南方熊楠の『事』と『理』、そして〈逆流の方法〉」 『文化史学』 71号、文化史学会、京都、2015年、pp.1-25
その他執筆
  • 「論:暴力と救済の言葉──震災をめぐる『信仰』の模索」 『中外日報』 2016年1月15日号、中外日報社、京都、2016年1月15日、p.7面-
学会・シンポジウム・講演会
  • (学会, 報告者) 「『宗教』の耐えられない軽さ──釋雲照と土宜法龍の近代日本」、2016年度日本宗教学会、日本宗教学会、東京、2016年9月10日
  • (学会, 報告者) 「土宜法龍と『宗教』」、2015年度文化史学会、文化史学会、京都、2015年12月5日
  • (学会, 報告者) 「〈事の学〉と理智の〈而二不二〉」、2015年度南方熊楠研究会夏季例会、南方熊楠研究会、田辺、2015年8月6日
  • (学会, 報告者) 「近代真言宗と土宜法龍」、2014年度南方熊楠研究会夏季例会、南方熊楠顕彰館、田辺、2014年8月7日
所属学会
  • 2016年4月〜
    日本宗教学会
  • 2015年8月〜
    南方熊楠研究会 編集委員
  • 2015年4月〜
    文化史学会
  • 2015年4月〜
    日本近代仏教史研究会