研究者

ホーム > 研究者 > 飯窪 秀樹 (客員教員)

客員教員

飯窪 秀樹

飯窪 秀樹

  • 専門分野
    近現代日本経済史
  • 研究テーマ
    日本の海外移植民史、艦船史
  • キーワード
    船、移住、拓殖事業・金融
学歴
  • 2001年4月
    横浜市立大学 大学院 経済学研究科博士課程 単位満了退学
職歴
  • 1996年7月
    国際協力事業団海外移住センター 海外移住関係資料の整理分類、目録作成
  • 1999年4月
    日本郵船歴史資料館 展示物企画・制作
  • 2001年4月
    東京大学社会科学研究所 研究支援推進員
  • 2007年4月
    横浜市立大学 商・国際文化学部非常勤講師
  • 2012年4月
    駿台法律経済&ビジネス専門学校 非常勤講師(経営学,マーケティング)
  • 2018年4月
    国際日本文化研究センター 客員准教授
学位
  • 1998年3月
    横浜市立大学 修士(経済学)
主要業績
共著書
  • (分担執筆) 根川幸男、井上章一編著 『越境と連動の日系移民教育史―複数文化体験の視座(第14章「ブラジル外国移民二分制限法前後の日系子弟教育―「日主伯従」に傾いた経緯について」)』、ミネルヴァ書房、京都市、2016年
  • (分担執筆) 奈倉文二、横井勝彦、小野塚知二編著 『軍縮と武器移転の世界史:「軍縮下の軍拡」はなぜ起きたのか(第8章「明治海軍形成期の建艦思想とベルタン―軍備拡大制約下における軽量艦の開発―」)』、日本経済評論社、東京都、2014年
  • (分担執筆) 横須賀市史編さん室編 『新横須賀市史 別編 軍事(「造船所を経営した人びと2: フランソワ・レオンス・ヴェルニー」/「造船所を経営した人びと3: ジュル・セザール・クロード・ティボディエ」/「技術を担った人びと14: ルイ・エミール・ベルタン」)』、横須賀市総務部総務課、横須賀市、2012年
  • (分担執筆) 「湘南の誕生」研究会編 『湘南の誕生(第8章「外国人観光客と鎌倉・江の島」)』、藤沢市教育委員会、藤沢市、2005年
  • (分担執筆) 井原基、橘川武郎、久保文克編 『アジアと経営―市場・技術・組織―(下巻)(第11章「ブラジル移民から満州移民への結節点」)』 東京大学社会科学研究所調査研究シリ-ズ No.5、東京大学社会科学研究所、東京都、2002年
単独論文
  • 「書評 リチャード・シムズ著/矢田部厚彦訳『幕末・明治日仏関係史』」 『史学雑誌』 第121編第7号、史学会、東京都、2012年、pp.100-109
  • 「史料紹介:ヴェルニー関連史料について―横須賀造船所の黎明期―」 『市史研究横須賀』 第10号、横須賀市総務部総務課、横須賀市、2011年、pp.113-125
  • 「防護巡洋艦『畝傍』の建造―区画構造を中心に―」 『軍事史学:特集 軍事と技術』 第46巻第4号、軍事史学会、東京都、2011年、pp.23-41
  • 「海外興業株式会社と海外移住組合連合会―1920-40年代における海外移植民取扱機関の変遷― 」 『横浜市立大学論叢(社会科学系列)』 第61巻第1・2・3合併号、横浜市立大学学術研究会、横浜市、2010年、pp.61-93
  • 「井上雅二の社長就任までの海外興業会社―『山荘独語』からの考察―」 『横浜市立大学論叢(人文科学系列)』 第60巻第3号、横浜市立大学学術研究会、横浜市、2009年、pp.185-212