研究者

ホーム > 研究者 > 鄭 炳浩 (外国人研究員)

外国人研究員

鄭 炳浩

鄭 炳浩

  • 専門分野
    日本近代文学、日韓比較文化論
  • 研究テーマ
    日本における災難文学の系譜と東アジア-日・韓の災難と文学的な対応を中心として
  • キーワード
    植民地日本語文学、災難文学
職歴
  • 2005年3月
    高麗大学校 日語日文学科 助・副教授
  • 2012年9月
    高麗大学校 日語日文学科 教授
  • 2013年9月
    高麗大BK21PLUS中日言語文化教育研究事業団 団長
  • 2018年4月
    国際日本文化研究センター 外国人研究員
学位
  • 2001年3月
    筑波大学 博士(文学)
主要業績
単著書
  • 『실용주의 문화사조와 일본 근대문예론의 탄생』、보고사、348頁、2003年
  • (『実用主義文化思潮と日本近代文芸論の誕生』、図書出版宝庫社、348頁、2003年)
共著書
  • (共著) 池内輝雄、木村一信ほか 『〈外地〉日本語文学への射程』、双文社出版、東京、2014年
  • (編者) 정병호 외 『동아시아의 일본어잡지 유통과 식민지문학』、도서출판 역락、서울、2014年
  • (鄭炳浩他 『東アジアにおける日本語雑誌の流通と植民地文学』、図書出版亦楽、ソウル、2014年)
  • (共著) 王志松、佐藤正光ほか 『文化移植与方法』、广西师范大学出版社、中国山東省、2013年
  • (王志松、佐藤正光ほか 『文化の移植と方法』、広西師範大学出版社、中国山東省、2013年)
  • (共著) 関西学院大学災害復興制度研究所/高麗大学校日本研究センター 共編 『東日本大震災と日本―韓国からみた3.11』、関西大学出版会、大阪、2013年
  • (共著) 陳芳明、吳佩珍ほか 『東亞文學的實像與虛像』、聯經、台北、2013年
  • (陳芳明、吳佩珍ほか 『東アジア文学の実像と虚像』、聯經、台北、2013年)
単独論文
  • 「『경성일보(京城日報)』의 문예란(1906~20)과 식민지조선의 일본어문학」 『일본연구』 29、고려대 글로벌일본연구원、서울、2017年、pp.395-422
  • (「『京城日報』における文芸欄(1906~20)と植民地朝鮮の日本語文学」 『日本研究』 29、高麗大学グローバル日本研究院、ソウル、2017年、pp.395-422)
  • 「1920年代朝鮮半島における在朝日本人の階級言説の形成と文芸欄の中の階級闘争」 『跨境 日本語文学研究 BORDER CROSSINGS:THE JOURNAL OF JAPANESE- LANGUAGE LITERATURE STUDIES』 2、東アジアと同時代日本語フォーラム・高麗大グローバル日本研究院、서울、2015年、pp.17-31
  • 「3・1 독립운동에 대한 재조일본인 미디어의 반응과 1919년의 일본어 문학」 『일본연구』 39、중앙대 일본연구소、서울、2015年、pp.217-233
  • (「3・1独立運動をめぐる在朝日本人のメディアの反応と1919年の日本語文学」 『日本研究』 39、中央大学日本研究所、ソウル、2015年、pp.217-233)
  • 「<메이지(明治)문학사>의 경계와 한반도 일본어 문학의 사정(射程)권」 『일본학보』 95、한국일본학회、서울、2013年、pp.161-174
  • (「<明治文学史>の境界と韓半島日本語文学の射程圈―明治時代越境する在朝日本人の軌跡とその文学的表象」 『日本学報』 95、韓国日本学会、ソウル、2013年、pp.161-174)
  • 「<韓國文學史>の記述と<親日文學(二重言語文學)>の位置」 『東アジアの思想と文化』 4、東アジア思想文化硏究會、京都、2012年、pp.1-12
共同論文
  • Hyosun Kim, Inkyoung Um, Byeongho Jung “A Study of the Formation of Japanese Language Literature in Colonial Korea: Japanese Magazines, Japanese Translations of Joseon Literature, and Traditional Japanese Poetry,” INTERDISCIPLINARY STUDIES OF LITERATURE 1, KNOWLEDGE HUB PUBL CO LTD, HONG KONG, 2017, pp.120-134.
  • (金孝順、厳仁卿、鄭炳浩 「植民地朝における日本語文学の形成研究-」 『INTERDISCIPLINARY STUDIES OF LITERATURE』 1、KNOWLEDGE HUB PUBL CO LTD、HONG KONG、2017年、pp.120-134)
  • Byeongho Jung, Inkyoung Um 「한반도에서 간행된 일본전통시가 문헌의 조사연구 ― 단카(短歌)・하이쿠(俳句) 관련 일본어 문학잡지 및 작품집을 중심으로 ―」 『일본학보』 94、한국일본학회、서울、2013年、pp.93-110
  • (鄭炳浩、厳仁卿 「韓半島で刊行された日本伝統詩歌文献の調査研究 ― 短歌・俳句関連日本語文学雑誌及び作品集を中心として―」 『日本学報』 94、韓国日本学会、ソウル、2013年、pp.93-110)