研究者

ホーム > 研究者 > 王 海燕 (外国人研究員)

外国人研究員

王 海燕

王 海燕

  • 専門分野
    日本古代史
  • 研究テーマ
    古代日本の災害観変遷と王権・国家
  • キーワード
    災害・王権・国家
職歴
  • 2006年12月
    浙江大学人文学院歴史系 副教授
  • 2015年1月
    浙江大学人文学院歴史系 教授
  • 2018年5月
    国際日本文化研究センター 外国人研究員
学位
  • 2004年3月
    国学院大学 博士(歴史学)
主要業績
単著書
  • 『日本古代史』 東方文化集成、昆侖出版社、北京、446頁、2012年
単独論文
  • 「動物と国際交流」 『(田中史生編)古代文学と隣接諸学1 古代日本と興亡の東アジア』、竹林舎、東京、2018年、pp.343-377
  • 「日本入宋僧成尋在杭州的佛教交流活動」 『杭州文史』 2017年第3期(総第11輯)、杭州出版社、杭州、2018年、pp.1-28
  • 「従神話伝説看古代日本人的災害認知」 『浙江大学学報(人文社会科学版)』 2014年第4期、2014年、pp.191-200
  • 「日本前近代史視野下的環境史研究」 『史学理論研究』 2014年第3期、2014年、pp.114-121