研究者

ホーム > 研究者 > 西山 由理花 (外来研究員)

外来研究員

西山 由理花

西山 由理花

  • 専門分野
    日本政治外交史
  • 研究テーマ
    浜口雄幸と政党政治の崩壊
  • キーワード
    政党政治、浜口雄幸、選挙
職歴
  • 2016年4月
    京都大学大学院法学研究科 特定助教
  • 2016年10月
    兵庫県立大学 非常勤講師
  • 2017年4月
    長浜バイオ大学 兼任講師
  • 2018年4月
    京都橘大学 非常勤講師
  • 2018年4月
    国際日本文化研究センター 日本学術振興会研究員
学位
  • 2016年3月
    京都大学 博士(法学)
主要業績
単著書
  • 『松田正久と政党政治の発展―原敬・星亨との連携と競合―』、ミネルヴァ書房、304頁、2017年
単独論文
  • 「第一次護憲運動と松田正久――『松田内閣』への期待」 『(伊藤之雄・中西 寛 編)日本政治史の中のリーダーたち――明治維新から敗戦後の秩序変容まで』、京都大学学術出版会、京都、2018年
  • 「松田正久と政党政治の発展――政友会党人派の代表として 一九〇〇~一九一四(一)~(三・完)」 『法学論叢』 179(1)~179(3)、京都、2016年
  • 「松田正久と政党政治の形成――自由党・憲政党のリーダーへの道 一八六九~一八九九(一)~(三・完)」 『法学論叢』 177(3)・177(6)・178(3)、京都、2015年
  • 「政友会領袖松田正久と選挙区佐賀県――原敬との比較の視点から」 『(伊藤之雄 編)原敬と政党政治の確立』、千倉書房、東京、2014年、pp.547-618