研究者

ホーム > 研究者 > 関野 樹 (専任教員)

専任教員

関野 樹

関野 樹

  • 専門分野
    情報学
  • 研究テーマ
    時間に基づいて情報の可視化や解析を行うための研究開発をしています。これらの成果は、“HuTime”などのソフトウェアやWebアプリケーション、和暦などの日付を扱うための基盤データとして、一般に公開しています。
  • キーワード
    時間情報学、セマンティックWeb、暦
学歴
  • 1991年3月
    信州大学 理学部 生物学科 卒業
  • 1993年3月
    信州大学大学院 理学研究科 修士課程 修了
  • 1998年9月
    京都大学大学院 理学研究科 博士後期課程 修了
職歴
  • 1999年4月
    京都大学生態学研究センター 講師(中核的研究機関研究員)
  • 2001年4月
    (財)国際湖沼環境委員会 研究員
  • 2002年3月
    総合地球環境学研究所 助教授
  • 2007年4月
    総合地球環境学研究所 准教授
  • 2016年1月
    総合地球環境学研究所 教授
  • 2018年7月
    国際日本文化研究センター 総合情報発信室 教授
学位
  • 1998年9月
    京都大学 博士(理学)
主要業績
全業績を表示
共著書
  • (分担執筆) 国立歴史民俗博物館編 『〈総合資料学〉の挑戦 異分野融合研究の最前線』 「コンピューターによる時間情報の記述と活用」、吉川弘文館、東京都文京区、2017年3月
  • (監修・分担執筆) 『フィールドから考える地球の未来』、昭和堂、京都市左京区、2016年4月
  • (分担執筆) 秋道智彌・小松和彦・中村康夫編 『水と環境. 人と水』 「時間情報に基づく情報の収集と解析」、勉誠出版、東京都千代田区、2010年2月
単独論文
  • “Basic linked data resource for temporal information,” Proceedings of the 2017 Pacific Neighborhood Consortium Annual Conference and Joint Meetings (PNC), November 2017, pp.76-82
  • “Time Information System Web HuTime: Comparison with Existing Web Applications,” Journal of Asian Network for GIS-based Historical Studies, December 2016, pp.62-69
  • 「明治以降の『旧暦』のデータベース化」 『情報処理学会研究報告人文科学とコンピュータ(CH)』 2015-CH-107(1)、2015年8月、pp.1-4
  • “Tools to Realize Spatiotemporal Analysis in the Humanities,” Proceedings of GIS in the Humanities and Social Sciences International Conference, October 2009, pp.151-159
  • 「琵琶湖の水環境の時間に基づく情報解析」 『東南アジア研究』 46(4)、2009年、pp.593-607
共同論文
  • 関野 樹, 山田 太造 「日付を表す文字列の解釈と暦の変換-暦に関する統合基盤の構築に向けて」 『情報処理学会シンポジウムシリーズ』 2013(4)、2013年12月、pp.161-166
受賞
  • 2015年12月
    情報処理学会人文科学とコンピュータ研究会 じんもんこん2015ベストポスター賞
  • 2015年3月
    情報処理学会 山下記念研究賞