研究者

ホーム > 研究者 > アラリ・アリク (外来研究員)

外来研究員

アラリ・アリク

アラリ・アリク

  • 専門分野
    中世文学
  • 研究テーマ
    中世仏教文学における場所とアイデンティティ
  • キーワード
    自己語り, 仏教文学
職歴
  • 2000年9月
    エストニア人文大学 日本語・日本文化講師
  • 2004年9月
    タリン大学 日本研究講師
  • 2018年6月
    国際日本文化研究センター 国際交流基金フェロー
学位
  • 2015年5月
    タリン大学 博士
主要業績
単著書
  • Sada Luuletust, sada luuletajat, Biblotheca Asiatica, Tallinn University Press, Tallinn, 2014
  • (『「小倉百人一首」のエストニア語訳と解釈』、2014年)
  • Mägikodu, Biblotheca Asiatica, Tallinn University Press, Tallinn, 2012
  • (『西行法師の「山家集」のエストニア語訳と解釈』、2012年)
単独論文
  • “Lived Present in Genshin's "Essentials of Rebirth",” Buddhism in texts: Interpretations and re-interpretations of Buddhist heritage., Tartu University, Tartu, 2018
  • “Wandering Without Moving: Nomadic Lifestyle of Japan's Medieval Hermits,” The Journal of Interior Architecture Research 3, Estonian Association of Interior Architects, Tallinn, 2017, pp.9-28
  • “Multiple Chōmeis: The Last Moment of Contemplation in Hosshinshū and Hōjōki,” Rethinking "Japanese Studies" from Practices in the Nordic Region, International Research Centre for Japanese Studies, Kyoto, 2014, pp.89-103
  • 「説話と自己語り―『発心集』における目撃される死」 『日本文学からの批評理論 : 亡霊・想起・記憶』、笠間書院、東京、2014年、pp.134-166
  • 「読者としての長明─保胤の記述に『自己』を見出すこと」 『中世の随筆 成立・展開と文体』 中世文学と隣接諸学、竹林舎、東京、2014年、pp.230-261