研究者

ホーム > 研究者 > ケラー・キンブロー (外国人研究員)

外国人研究員

ケラー・キンブロー

ケラー・キンブロー

  • 専門分野
    日本文学
  • 研究テーマ
    武家物語 ― 中世後期の幸若舞曲翻訳と研究
  • キーワード
    説話、お伽草子、説経、古浄瑠璃、幸若舞曲
職歴
  • 1999年8月
    ミシガン大学 助教授
  • 2000年8月
    バージニア大学 助教授
  • 2001年8月
    コルビー大学 助教授
  • 2006年
    コロラド大学 助教授
  • 2009年
    コロラド大学 准教授
  • 2017年
    コロラド大学 教授
  • 2018年8月
    国際日本文化研究センター 外国人研究員
学位
  • 1999年12月
    イエール大学大学院 博士
主要業績
単著書
  • Wondrous Brutal Fictions: Eight Buddhist Tales from the Early Japanese Puppet Theater, Columbia University Press, New York, 273 pages, 2013
  • Preachers, Poets, Women, and the Way: Izumi Shikibu and the Buddhist Literature of Medieval Japan, University of Michigan Center for Japanese Studies, Ann Arbor, 374 pages, 2008
共著書
  • (Co-editor and Translator) Keller Kimbrough and Haruo Shirane Monsters, Animals, and Other Worlds: A Collection of Short Medieval Japanese Tales, Columbia University Press, New York, 2018
単独論文
  • 「猫の酒呑童子と『鼠乃大江山絵巻』」 『絵画・イメージの回廊』 シリーズ 日本文学の展望を拓く 第2巻、笠間書院、東京、2017年、pp.192-197
  • “Late Medieval Popular Fiction and Narrated Genres: Otogizōshi, Kōwakamai, Sekkyō, and Ko-jōruri,” The Cambridge History of Japanese Literature, Cambridge University Press, Cambridge, 2016, pp.355-369
  • “Bloody Hell! Reading Boys’ Books in Seventeenth-Century Japan,” Asian Ethnology 74:1, Nanzan Institute for Religion and Culture, Nagoya, 2015, pp.111-139
  • 「天狗の話ー『天狗の内裏』における六道案内」 『怪異・妖怪文化の伝統と創造ーウチとソトの視点から』 第45回国際研究集会、国際日本文化研究センター、京都、2015年、pp.85-90
  • 「徳川家の鬼描写ー瓦版『大江山朝呑童子退治の図』翻刻と紹介」 『立教大学日本文学』 第111号、立教大学、東京、2014年、pp.107-113