研究者

ホーム > 研究者 > 佐藤=ロスべアグ ナナ (外国人研究員)

外国人研究員

佐藤=ロスべアグ ナナ

佐藤=ロスべアグ ナナ

  • 専門分野
    Translation studies
  • 研究テーマ
    日本におけるTranslation Studiesの芽生えと行方 ――1970年代から2000年代まで
  • キーワード
    歴史、ノベライゼーション、翻訳に介在する権力
職歴
  • 2011年9月
    University of East Anglia Lecturer, Head of Japanese
  • 2014年9月
    東洋アフリカ研究学院 Senior lecturer, 翻訳学研究所所長
  • 2018年9月
    国際日本文化研究センター 外国人研究員
学位
  • 2007年3月
    立命館大学 博士
主要業績
単著書
  • 『文化を創造する』、サッポロ堂、札幌、2011年
共著書
  • (共同編者) Multiple Translation Communities in Contemporary Japan., Routledge Translation Studies, Routledge, New York, 2015
  • (共同編者) Translation and Translation Studies in the Japanese Context, Bloomsbury Publishing Translation Studies, Bloomsbury Publishing, London, 2012
  • (編者) 『トランスレーション・スタディーズ』、みすず書房、東京、2011年
単独論文
  • “Translations in Oral Society and Cultures,” The Routledge Handbook of Translation and Culture. Abingdon; New York: Routledge, Routledge, New York, 2018, pp.314-326
  • 「1970年代日本におけるTranslation Studiesの芽生えとその行方」 『翻訳研究への招待』、日本通訳翻訳学会、東京、2015年、pp.5-20
  • 「日本における言語の複数性とTranslation Studies」 『Japanese Language Education in Europe,』、Japanese Language Education in Europe,、London、2015年、pp.41-46
  • 「共振と呼応」 『みすず』、みすず書房、東京、2014年、pp.6-13
  • “Conflict and dialogue — Bronisław Piłsudski and the translation of Ainu oral narratives,” Translation Studies, Routledge, New York, 2012, pp.48-63