海外研究交流室

設置の目的

国際的研究協力活動の中枢的な役割を果たすため、設置されています。専任の教員により構成され、日本研究者の国際的ネットワークの形成及び研究交流促進、日本研究情報の提供、研究相談を行っています。

組織

下記の教員で構成されています。

室長:
松田 利彦(教授)
教員:
松木 裕美(助教)

業務の内容

  • 日本研究者の人物交流に関する企画、立案
  • 日文研が国内外で行う国際シンポジウムの支援
  • 海外の日本研究機関情報の収集・整備とデータベースの構築
  • 日文研が刊行する外国語出版物の編集への関与

担当の研究会

海外シンポジウム
日文研では、研究活動・研究協力活動を海外においても展開しており、その一環として、平成7年から海外シンポジウムを実施しています。海外における開催を基本としていますが、テーマ等によっては国内で開催することもあります。